本多力と嫁の田島ゆみかは仏前式!結婚式でのアクシデントがヤバい

Pocket

数々のドラマや映画などでしっかりと脇を固めている「安定感抜群」の実力派俳優。

京都府京都市出身で、1979年6月12日生まれの44歳(2023年10月現在)、意外にも立命館大学出身という高学歴俳優としても知られる本多力さん。

今回は、そんな本多力さんの嫁について、結婚について注目してみましょう。

本多力の嫁について


画像出典元:クランクイン

本多力さんは、2019年に年下でかわいらしい見た目の女優さんと結婚。

かわいらしい年下の嫁」と聞くと、それだけで羨ましい雰囲気満点ですが、嫁はどんな人なのでしょうか?

 

女優の田島ゆみかで10歳年下!性格はしっかり者で好物は駄菓子


画像出典元:https://www.instagram.com/

本多力さんの嫁は、ファブリーズのCMにも出演していた女優の田島ゆみかさんでした。

田島ゆみかさんは、静岡県静岡市出身で、1989年5月23日生まれ、2023年10月現在34歳です。

本多力さんは見た目が若いため画像などではそこまで感じられませんが、実際には10歳も年下の嫁ということになりますね、羨ましい。

10歳も年下の嫁と聞くと「甘えん坊で素直」な印象もあって「俺がいないとダメ」というような男心を刺激しそうなイメージがありますよね。

しかし、実際には田島ゆみかさんは「しっかり者」だと評判です。

まずは「しっかり者」の定義を明確にするために、数十年ぶりに国語辞典を引いてみました。


画像出典元:大修館書店

恥ずかしながら「高校1年生のときに買ったけど、滅多に使わないので30年経っても新品に近い美品」である筆者の国語辞典には、こう書かれています。

しっかり者=考え方が堅実で意志が強い人、倹約家」、なるほど、今さらながらひとつ賢くなりました…。

”倹約家”というところが気になりますが、実際に田島ゆみかさんについてさらに調べてみましょう。

まず目に飛び込んできたのは田島ゆみかさんのX(旧Twitter)です。


画像出典元:X(旧Twitter)

これは、コ⚪︎ナ禍の2020年5月に31歳の誕生日を迎えたときのものですが、会えない仲間を気にかけつつ堅実に成長していきたい意志を感じる素敵な投稿ですね。

当時は、コ⚪︎ナが拡大し、はじめての緊急事態宣言によるステイホームの前後で、未曽有の新型ウイルスに将来の見通しも立たない暗い時期でした。

世間では、緊急事態宣言の最中、費用面などから暮らしていけず都会から帰省してくる若者に対して過剰なまでに非難が集中したり、そのような家庭に「帰ってくるな」「コ⚪︎ナ持ってくるな」などの貼り紙なども横行していたこともあり、世の中自体の精神状態が荒れかけていたように感じます。


画像出典元:毎日新聞

そんな状況でも「前向きに着実に生きていこうという姿勢を見失わない、仲間を気遣う31歳」は、かなり堅実で立派な大人、という印象ですね。

投稿内容からも、しっかりステイホームしている様子も伺えますし、こういったギリギリの状況にこそにじみ出るのが人間性ですから、田島ゆみかさんはかなりの「しっかり者」と見ていいでしょうね。


画像出典元:X(旧Twitter)

また、最近の投稿では製薬会社のCM出演時に↑のような社会的な意義も踏まえたコメントもできるとは、恐れ入ります。

この投稿で、筆者は田島ゆみかさんのファンになってしまいました。

このように、しっかりと物事の意味を考え理解し、その場に応じた対応や行動ができる方は素直に尊敬できます。

未だに「鬼滅の刃」が大好きで四六時中、「蟲の呼吸」で笑いながら筆者を切りつけてくる天真爛漫(?)な7歳の娘にも見習ってほしいところですね。


画像出典元:INSIDE

田島ゆみかさんは、かつて所属事務所のプロフィールで「調べ物が大好き、しっかり者」と紹介されていたそうですが、納得ですね。

そして、田島ゆみかさんは駄菓子が好物だそうですが、最初に紹介した「考え方が堅実で意志が強い人、倹約家」というしっかり者の定義「倹約家」をしっかり回収してくるこのキャラ力、只者ではありません。

低価格で種類が豊富、子供にとってのパラダイスである駄菓子屋さん、未来に残したいもののひとつです。


画像出典元:タウンニュース

また、田島ゆみかさんは、身長が154.4cmと比較的小柄で、見た目のかわいさをさらに際立たせているのですが、168cmの本多力さんとは約14cm差と身長のバランスもちょうどよく、なんともいいカップルだなぁと思ってしまいます。

田島ゆみかさんは、結婚を機に元々所属していたアミューズから、劇団贅沢貧乏に一本化しているのですが、この選択にも非常に好感が持てました。


画像出典元:Photoraito

田島ゆかりさんは2017年からアミューズに並行して劇団贅沢貧乏に所属していました。

しかし、結婚を機に自らの人生を太い一本道にするかのように、より芝居や家庭中心に活動できるであろう劇団に一本化したのです。

あくまで推測ではありますが、このような人生の歩み方からも「しっかり者」を感じますね。

 

本多力と嫁・田島ゆみかの馴れ初めは上地春奈の紹介


画像出典元:Amebabブログ

さて、本多力さんは、こんなに素敵な田島ゆみかさんと、いったいどこで出会ったのでしょうか?

田島ゆみかさんは交友関係が広いようで、女優の平田薫さんや仲里依紗さん、元芸人の上地春奈さんと仲がいいようですね。

なかでも、上地春奈さんとはとても仲がいいようで、ブログにも度々登場する関係です。

その上地春奈さんの2017年6月のブログで、実は上池春奈さん、本多力さん、田島ゆみかさんのスリーショットがアップされていました。


画像出典元:Amebaブログ

そこには「大好きっ娘の田島ゆみか、久しぶり再開の本多力と酒盛り」と書かれています。

本多力さんと上地春奈さんは、2013年に共演して意気投合し、周囲に「付き合っている?」と言われるほど仲がいいようですし、田島ゆみかさんに至っては、ブログに”大好きっ娘”と書くほどなので、相当仲がいいのでしょうね。

この日は、三人でお酒を酌み交わして楽しいひと時を過ごしたことがわかります。

しかし、そのブログには気になる一言が…。

いつも思うけど、わての大好きな人同士が、仲良くなって行くのはとても嬉しい」と書かれているのです。

この書き方から推測して、恐らく本多力さんと田島ゆかりさんを引き合わせたキューピットは上地春奈さんなのではないでしょうか。

この日、本多力さんと田島ゆかりさんが出会ったのか、この時期に二人が付き合うようになったのかは定かではありませんが、上地春奈さんきっかけで、本多力さんと田島ゆかりさんの仲が深まったのは事実でしょう。

結婚を機に、自分の友人や配偶者の友人を交えて交流する機会も増えたりしますが、結婚前から共通の友人がいると「結婚」することやその後の生活などもより楽しくなりそうで、益々二人が「いいカップル」に思えてきます。

結婚後の新居にも上地春奈さんらが訪れ楽しい時間を過ごしていたのではないか、と勝手に想像して、勝手にほんわかしてしまいます。

などと思いながら、さらに調べを進めていると、なんと衝撃の事実が!


画像出典元:X(旧Twitter)

やはり上地春奈さんがキューピットだった、という本人のX(旧Twitter)が出てきました。

「新居で酒盛り」の推測までピタリ賞のおまけつきで、筆者もテンションが上がります。

上地春奈さんのような明るくて、人とのつながりを大切にできる人が共通の友人とは、なんとも素敵な関係ですね。

 

本多力は実家が寺のため、嫁・田島ゆみかとの結婚式は仏前式!


画像出典元:けせらせらトレンドにゅーす

演技や声だけでなく、見た目や雰囲気からも性格の良さが伝わる本多力さんですが、実は実家がお寺(以下写真)だそうです。

調べてみると京都の五条駅から徒歩2分のところにある養蓮寺というお寺で、東本願寺を本山とする真宗大谷派であることがわかりました。

そして、本多力さんの実家がお寺ということで、田島ゆみかさんとの結婚式はお寺で行う仏前式だったそうです。


画像出典元:真宗会館

結婚式は、神社で行う「神前式」、お寺で行う「仏前式」、教会で行う「教会式」、宗教色がなく親しい人々の前で行う「人前式」に分類され、大抵の式場やホテル、ゲストハウスなどが行うものは「教会式」か「人前式」で、ざっくり言って洋風の結婚式と位置付けられています。

「神前式」や「仏前式」といった神社仏閣での結婚式は、日本古来の結婚の儀式として位置づけられ、由緒正しき厳格な結婚式というイメージがありますね。

各形式の選択率は以下の画像の通りですが、「仏前式」は全体の1.2%となかなかのレア度でした。

画像出典元:Hanayume

本多力さんと田島ゆみかさんの場合は、本多力さんの兄が僧侶ということで、読経して二人の門出を祝ったそうです。

こういった行為自体を親族に行ってもらうことは極めて稀ですから、家族全体を巻き込んだ思い出深い結婚式になったことでしょう。

しかし、そんな結婚式でアクシデントが起こっていたようです。

結婚式は人生一度の晴れ舞台であることが多いのですが、誰しも緊張しますよね。

緊張のせいか、なんと、指輪の交換で新郎用の指輪を新婦にはめてしまったというのです。

「アレ? でかくね、コレ?」的なちょっとしたコントのような話ですが、ある意味では一生の記念になったことでしょう。

役者として百戦錬磨であっても、人生一の晴れ舞台ともなると別物なのですね。


画像出典元:日本の結婚式

ちなみに、筆者の結婚式では「両親への感謝の贈り物」のところで、新郎の家族と新婦の家族をあべこべにアテンドされてしまったので、「両親への感謝」ではなく「義理の両親への挨拶の贈り物」のような形になってしまうというアクシデントがありました。

「両親への感謝」というシーンでは通常グッとくるものですが、筆者の場合はガクッとなってしまい…。

 

本多力と嫁・田島ゆみかの間には子供がいるの?→女の子が1人


画像出典元:X(旧Twitter)

さて、本多力さんと田島ゆみかさんの間には、お子さんはいらっしゃるのでしょうか?

二人の間には、2020年12月に第一子となる女の子が誕生しています。

このことは、本多力さんが自身のX(旧Twitter)で、2020年12月8日に公開していましたので12月初旬生まれでしょうか。

この投稿では、三人の幸せそうな表情とかわいらしい娘さんの寝顔が公開され、本当に温かい気持ちになりますね。

その中で、本多力さんは「娘は妻に似てほしい」と、田島ゆみかさんにゾッコンである様子もにじませながら、同時に既に娘にメロメロである雰囲気も感じさせてくれました。

親目線の話で恐縮ですが、新生児の小さな小さな手や足でさえ、よく見るとやや武骨な男の子、見るからに白魚のようでか細い女の子のそれであることがわかったりもします。

鳴き声やちょっとした動き、小さな表情の変化でもやはり男の子は力強く、女の子は柔らく感じられたりするのです。

新生児の頃は、それほどまでに目が離せない独特の存在感や幸福感があるものです(写真は本多力さんのXより)。


画像出典元:X(旧Twitter)

言葉を覚える時期になってくると男の子は「カッコイイ」ものばかり覚えるのに対して、女の子は「大好き」「一緒」「こっちおいで」など優しくてかわいらしい言葉を言うようになったりします。

2023年には、3歳になる二人の娘さんも今頃はおしゃべりも上手になって、かわいらいし言葉を両親に投げかけているのではないでしょうか。


画像出典元:Instagram

本多力さん、田島ゆみかさんという素敵な両親に囲まれて、娘さんが健やかに育ってくれることを陰ながらお祈りします。

今回は、本多力さん、田島ゆみかさんの馴れ初めや田島ゆみかさんについて、結婚式の内容やお子さんについてなどをご紹介しました。

素敵な家庭の様子に、心が温かくなったのは筆者だけでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.