【大阪府の堺市北区金岡町で確定】黒谷友香の実家と家族情報決定版!

Pocket

関西弁や大阪というイメージはほぼなく、清楚で落ち着いた大人の女性というイメージの女優・黒谷友香さん。

しかし、以外にも公表されている出身地は大阪府堺市でした。

そうなると「実家」や「家族」についても気になりますよね。

今回は黒谷友香さんの「実家」と「家族」に関して調べてみたいと思います。

黒谷友香の実家は大阪府の堺市が濃厚


画像出典元:キニナルサーチ

出身地が大阪府堺市の黒谷友香さんですが、実家も大阪府堺市にあるようです(ウィキペディア上は大阪府堺市北区)。

場合によっては、出身地と実家の場所が異なるケースもありますが、黒谷友香さんの場合は、イコールでした。

そして、大阪府北区金岡町に実家であることが濃厚のようです。

 

黒谷友香の実家が大阪府の堺市と考えられる理由


画像出典元:ENCOUNT

ここからは、なぜ黒谷友香さんの実家が大阪府の堺市や北区金岡町であると考えられるのか、その理由を見ていきたいと思います。

 

①出身学校から

黒谷友香さんは、出身小学校が堺市立金岡小学校、出身中学校が堺市立金岡南中学校という公立校でした。

非常に一般的な見方ではありますが、公立小中学校に通っている場合はその地名の土地に住んでいることが前提となります。

それは、学校の所在地からの徒歩圏内を中心に「学区」というものが存在しているためですね。

故に、出身学校から見て実家は大阪府堺市北区金岡町と考えるのが自然でしょう。

 

②堺市の親善大使に任命されているから


画像出典元:affie-blog

そして、黒谷友香さんは大阪府堺市の「親善大使」を務めています。

親善大使は、出身者やその地にゆかりのある人物が選出されるケースが非常に多いそうです。

これも、出身地や実家が堺市であると考えてよい理由のひとつとなっていますね。

また、親善大使の関係かもしれませんが、堺市のホームページには黒谷友香さんのインタビュー記事が掲載されています。

 

③大泉緑地に家族とよく行っていたから

黒谷友香さんはインタビューで、「家族で大泉緑地によく行った」「母親お手製のお弁当を持って花見」「大泉緑地に自転車で行ける」と語っていました。


画像出典元:googleマップ

地図で確認すると堺市北区金岡町は、南海電鉄の中百舌鳥駅が最寄りで大泉緑地と金岡南中学は徒歩約12分の距離でした。

このことから考えても、実家は大阪府堺市北区金岡町でこの周辺であると考えるのが自然でしょうし、確定と言って支障ないでしょう。

 

黒谷友香は実家ではなく、現在は千葉県に住んでいる


画像出典元:affie-blog

そんな大阪府堺市出身の黒谷友香さん。

実は、現在は千葉県長生郡長柄町に家があり東京都の拠点との二重生活を送っているそうです。

20代のころに「リラックスできる場所、息抜きできる場所が欲しかった」という理由での購入だったそうで、オフの日を中心に千葉にいるのではないかと思われます。

その地にログハウスを購入し、その近隣の長柄町乗馬クラブ「エバーグリーンホースガーデン」にトレーラーハウスを所有しているのだとか。

トレーラーハウスとはタイヤの着いた車両を使用した住居施設のことで、けん引することで移動も可能な住居です。

自然豊かな長柄町にそんな設備を所有している黒谷友香さん、ステキですね。

仕事では、都会の中で気を張って戦っている訳ですからオンとオフをしっかり作って自分を解放させることには大きな価値があると思います。

生活拠点を二重化できる収入も可能な女優という仕事の利点を最大限生かし、公私ともに相乗効果のありそうな選択には大きな憧れがありますね。

 

黒谷友香の父親について

黒谷友香さんの父親について調べてみました。

黒谷友香さんの父親は一般の方のようで、詳しい情報や画像は出てきませんでした。

会社員のようですね。

ところが、「父親は有名人」という噂が出ているのです。

 

なぜか黒澤年男と勘違いしている人がいる


画像出典元:Yahoo!ニュース

調べてみるとどうやら、黒谷友香さんの父親が黒澤年男さんであると勘違いしている方がいるようです。


画像出典元:スポニチ

名前に双方「黒」という文字が入っているからかもしれませんし、パッと見の印象で二人とも大きな瞳が印象的だからかもしれません。

よくよく見ていると、二人の目元が似ているような気もしてきますが…。

しかし、二人は赤の他人です。

そして、黒澤年男さんには黒沢レイラさんという娘さんがいて、モデルや女優をされています。


画像出典元:モデルプレス

念のため、黒沢レイラさんの写真を見てみましたが黒谷友香さんとはそれほど似てはいませんでした。

パッと見での誤認に名前の「黒」が加わった勘違い、もあるのかもしれません。

 

黒谷友香の母親について

次に、黒谷友香さんの母親について調べてみました。

さっそく見ていきましょう。

 

よく連絡をとる

黒谷友香さんの母親も一般人のため詳し情報は出てきません。

唯一出てきた情報は、黒谷友香さんと母親はよく連絡を取り合うそうです。

なんでも、母親とはよくメールをしているようで、昔はFAXでやり取りをしていたといいます。

二人とも、電話というよりは活字にして情報交換をするタイプなのでしょうね、情報の精度という意味では考えてから書く分高いのではないかと思います。

黒谷友香さんの年齢を考えると両親は70代後半から80代前半あたりでしょうか、「スマホを使いこなしてSNSやアプリで手軽に連絡」という感じはしませんね。

 

瀬戸内海に面したとある島の出身


画像出典元:CLASSY

また、黒谷友香さんの母親は瀬戸内海に面したとある島の出身、という情報もあります。


画像出典元:美ST

これは、黒谷友香さんがインターネットのインタビューで自ら明かした事実です。

母親の実家である瀬戸内海の島で過ごした風景や体験が、自身がふたつめの拠点生活とした房総半島(千葉県長生郡長柄町)の雰囲気に似ているらしく、それが房総半島を気に入った理由のようですね。

都会のように何もかもが揃っていて便利であることが当然という環境ではない島の生活。

ひとつひとつの行動には明確な目的があり、考え方によってはそれに伴う手間がある種のイベントのような意味を持っている田舎の生活、いいものですね。

 

黒谷友香には妹がいる噂

また、黒谷友香さんには妹が一人いるようですね。

こちらも一般の方なので詳しい情報や画像は出てきませんでした。

黒谷友香さんの風貌から、美人な妹を想像するばかりです。

 

芸能人と思っている人もいるが、真偽は不明

しかし、黒谷友香さんの妹が芸能人だという噂も出ていました。


画像出典元:Yahoo!ニュース

「たしか」と書かれていますので何かの勘違いやうろ覚えの情報を確認したかったのだと思います。

筆者の記憶でも、「黒谷友香さんの妹が芸能人」という話は聞いたことがないように感じますが、こちらも黒澤年男さんの娘の「黒沢レイラさん」からの勘違いでしょうか。

とはいえ、真相は不明ですね。

 

黒谷友香の祖父母について

念のため、黒谷友香さんの祖父母についても調べてみました。

しかし、こちらも一般の方であることや年齢的な部分も含めて、父方の祖父母、母たかの祖父母ともに情報はありませんでした。

さすがに、「祖父は黒澤明」と勘違いする方はいませんでしたね。

敢えて言うなら、母方の祖父母は瀬戸内海の島の出身であるということくらいでしょう。

なお、黒谷という苗字は現在の島根県北西部、かつての石見国美濃郡黒谷村が期限であり島根県に特に多い苗字のようです。


画像出典元:女性自身

さて、今回は女優の黒谷友香さんの「実家」と「家族」について調べてみました。

思い出の場所や出身校からある程度実家の場所が絞られてしまうのは、少々怖さもあります。

しかし、大阪府出身のイメージがないので「黒谷友香の実家は大阪府堺市」という部分で少々面喰った方もいらっしゃるかもしれません。

また、都会的なルックスからは想像もつかない「千葉県の長柄町でのスローライフ」にも大きな驚きがあったことでしょう。

少し前に、同郷の大阪出身である塚地無我さんと「あのとき付き合っていれば」という内容の番組に出演されていた黒谷友香さん。

今後の活躍や実家情報だけでなく、恋愛や結婚情報についても注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.