宮世琉弥(みやせりゅうび)の本名は亀井琉弥!芸名の由来は公募だけど変更した理由はヤバかった!

Pocket

若くして、俳優として大活躍しており、現在「パリピ孔明」にも出演している宮世琉弥さん。

そんな宮世琉弥さんの本名について、今回は詳しく迫っていきます!

宮世琉弥(みやせりゅうび)の本名は亀井琉弥!父親が三国志の劉備玄徳のように人徳がある人になるようにという願いが込められていた


出典:https://www.stardust.co.jp/

宮世琉弥さんの本名は亀井琉弥(かめいりゅうび)です。

琉弥という名前は本名だったのですね。

また、この琉弥という名前は父親に名付けられたと言われています。

宮世琉弥さんのお父様は三国志が好きで、登場人物である劉備のように人徳がある人になるようにと名付けてくれたそうです。

この劉備という人は、非常に人徳のある人だったと言われています。

劉備のもとには優秀な武将だけでなく軍師、商人や民までもがついていきました。

当時天下統一を目指していた曹操が劉備を追撃した際も、劉備は進軍の遅れであった民を国の源として見捨てませんでした。

敗戦に近いところで配下の助けもあり難を逃れ、蜀漢を建国しました。

劉備の最大武器は人徳、つまり優しさや思いやりであり、三国志の中でも人気の高い武将です。

そんな劉備のような人になってほしいという思いから、琉弥という素敵な名前を付けてくれたみたいです!

 

EBIDAN研究生(えびせん)時代は本名の亀井琉弥で活動していた!本名から芸名に変更したのは親が本名出したくないため

EBiDAN は、芸能事務所スターダストプロモーションに所属する新人・若手男性俳優・タレントで構成されたアーティスト集団、演劇集団であり、「恵比寿学園男子部」の略になっています。

EBiDAN は、TOKYO、OSAKA、NAGOYA、SENDAI、FUKUOKA、OKINAWA とエリア別のエビダンネームがあり、それぞれの地域を中心に活動しています。

EBiDAN SENDAI は2014年始動で活動しています。


出典:https://twitter.com/

宮世琉弥さんは、EBiDAN SENDAI で本名である亀井琉弥として活躍していました。

そして、ファン投票やパフォーマンス力などから、研究生の選抜プロジェクトであるBATTLE BOYS1st全国選抜に見事抜擢されるなどの活躍も見せました。


出典:https://twitter.com/


出典:https://twitter.com/

亀井琉弥という本名から宮世琉弥という芸名に変更した理由については、両親が本名を出したくなかったからだそうです。

本名で活動することで、他の個人情報もばれてしまうのではないかという不安もあり、リスクを恐れての行動だと思います。

しかし、名前だけでは住所を調べることはできません。

一般的な名前であれば、同姓同名の別人の住所を調べてしまうこともあります。

また、名前をSNSで検索しても、プロフィール写真やその他の情報が一切掲載されていないケースが少なくありません。

そのため、名前だけから住所を調べることはできません。

ただ、芸能界で活躍することで他の個人情報がばれるリスクはあるため、備えあれば憂いなしですね。

 

宮世琉弥の芸名の由来は公募!「宮世」は出身地の宮城から世界へという意味が込められていた


出典:https://www.stardust.co.jp/

亀井琉弥という本名から芸名にする際、名字をファンから募集しました。

宮世という名字には、出身地である宮城県から世界へ羽ばたけるようにという意味が込められているそうです。

こんな素敵な意味が込められていることから、この頃からファンの方々に愛されていることがわかりますね。

 

宮世琉弥を姓名診断で占ってみた!


出典:https://enamae.net/

宮世琉弥という名前を姓名診断で占ってみました。

天格(祖運)は15画で、「大吉」であり、「人徳 出世 順調」と出てきました。

天格とは、宮世という名字の画数のことであり、祖先から受け継いできた名字のため自分の力が及びません。

名字はとても縁起の良い画数となっているようです。

また、お父様が劉備のように人徳のある人になってほしいという思いから琉弥と名前をつけたが、宮世という名字からも人徳と出ており、とても良い苗字だと思います。

次に人格(主運)は16画で、「大吉」であり、「人望 逆転成功 大成」と出てきました。

人格(主運)とは、姓の最後の文字と名前の最初の文字の画数を足したものであり、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。

宮世琉弥という名前では、卓越した眼力を持ち、判断力も群を抜き、多くを受容することが出来るため、そこから多くを生み出す力があり、能力を発揮して成功できるとあります。

気遣い上手で、人の喜ぶ顔を見るのが何よりも好きなタイプであり、頼まれたら何でも引き受けてしまい、お調子者に見られてしまうこともあるかもしれません。

しかし、面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるそうです。

人間性を磨く努力を怠らなければ、運勢も安定して上昇していくみたいです。


出典:https://townwork.net/

また、地格(初運)は19画で、「」であり、「苦労 挫折 障害」と出てきました。

地格(初運)とは、下の名前の文字の画数を合計したものであり、一文字でもその人の性格を表すものです。

琉弥さんは、繊細で、神経過敏、感情の起伏が激しいところがあり、うまくいかないとすぐに気力を無くしふさぎ込んでしまう気分屋な面もあるそうです。

また、甘え下手で協調性に欠け、人の好き嫌いが態度に出てしまうそうです。

しかし、他にはない一風変わった個性をもっており、自分の世界が確立すると他のことに無関心になるほど没頭し、その道で大成することもあると書いてあり、琉弥さんの場合はこれかもしれないなと感じました。

外格(助運)は18画で、「」であり、「信頼性 忍耐 成功」と出てきました。

外格(助運)とは、姓と名に使われている漢字のすべての画数を足し合わせた数から、人格の画数を引いた数です。

外格からは家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢がわかります。

宮世琉弥さんは、誠実さが評価されて、引き立てられることが多いようです。

誠実なので、自己主張を抑え、相手の良さを認めれば、円滑な人間関係を保てるでしょうとあります。


出典:https://realsound.jp/

総格(総運)は34画で、「」であり、「繊細 災難 挫折」と出てきました。

総格(総運)とは、姓と名に使われている漢字のすべての画数を足し合わせた数のことです。

総格は、その人の性質や健康運、一生の運勢を総合的に表しています。

宮世琉弥さんは、人間関係でのもめ事が多いようです。

対人関係を壊すと運が下降するようで、人の意見に耳を傾けるなど、人との調和を大切にするちが大事なようです。

三才配置は「土→土→水」で「」とあります。

三才配置とは、天格、人格、地格の3つの配置のバランスを見ることによってその人の精神的な面、情緒的な面、耐久力の面、健康の面の吉凶を見るものです。

宮世琉弥さんは、感情よりも理性を重んじる人だそうです。

自我が強く、人間くさい人づきあいが苦手なので、会社勤めよりも独立した方が成功すると書かれています。

感情よりも理性を大事にする冷静さを活かし、これからもたくさん活躍していってほしいですね!

陰陽配列は「陰 陽 陽 陰」となっており、バランスの悪い配列となっているみたいです。

姓と名のつなぎ目は「陰・陽」もしくは「陽・陰」となるのが吉とされています。

しかし、姓名判断においては陰陽配列の吉凶よりも、5つの格(天格、地格、人格、外格、総格)の吉凶のほうが重要であるため、あまり気にしすぎなくても良いようです。

 

亀井琉弥を姓名診断で占ってみた!


出典:https://enamae.net/

亀井琉弥という名前を姓名診断で占ってみました。

天格(祖運)は15画で、「大吉」であり、「人徳 出世 順調」と出てきました。

天格とは、亀井という名字の画数のことであり、祖先から受け継いできた名字のため自分の力が及びません。

名字はとても縁起の良い画数となっているようです。

こちらも「宮世」と同様に、お父様が劉備のように人徳のある人になってほしいという思いから琉弥と名前をつけたが、亀井という名字からも人徳と出ており、とても良い苗字だと思います。

次に人格(主運)は15画で、「大吉」であり、「人徳 出世 順調」と出てきました。

人格(主運)とは、姓の最後の文字と名前の最初の文字の画数を足したものであり、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。

亀井琉弥という名前では、多くの人に慕われ、目標や希望達成のためコツコツと努力を重ね人生を堅実に歩み、確実に成功をつかんでいくとあります。

穏和な性格で人の和を大切にするため、自然と発展していきます。責任感が強く、管理能力にも優れるためどんな仕事でも結果を出せるようです。

人間関係を大切にすることで運はより上昇しますとも書いてあります。


出典:https://miyaseryubi.jp/

また、地格(初運)は19画で、「」であり、「苦労 挫折 障害」と出てきました。

地格(初運)とは、下の名前の文字の画数を合計したものであり、一文字でもその人の性格を表すものです。

こちらは芸名での琉弥さんと同様の説明になっています。

琉弥さんは、繊細で、神経過敏、感情の起伏が激しいところがあり、うまくいかないとすぐに気力を無くしふさぎ込んでしまう気分屋な面もあるそうです。

また、甘え下手で協調性に欠け、人の好き嫌いが態度に出てしまうそうです。

しかし、他にはない一風変わった個性をもっており、自分の世界が確立すると他のことに無関心になるほど没頭し、その道で大成することもあると書いてあり、琉弥さんの場合はこれかもしれないなと感じました。

外格(助運)は19画で、「」であり、「苦労 挫折 障害」と出てきました。

外格(助運)とは、姓と名に使われている漢字のすべての画数を足し合わせた数から、人格の画数を引いた数です。

外格からは家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢がわかります。

宮世琉弥さんは、敵を作りやすいタイプで、才能はあってもチャンスにはなかなか恵まれないようです。

豊かな感受性と鋭い直感力を持ち合わせており、芸術家として成功する人もいますが、目標を見誤ると運勢が急変してしまうみたいです。


出典:https://www.stardust.co.jp/

総格(総運)は34画で、「」であり、「繊細 災難 挫折」と出てきました。

総格(総運)とは、姓と名に使われている漢字のすべての画数を足し合わせた数のことです。

総格は、その人の性質や健康運、一生の運勢を総合的に表しています。

亀井琉弥さんは、人間関係でのもめ事が多いようです。

対人関係を壊すと運が下降するようで、人の意見に耳を傾けるなど、人との調和を大切にするちが大事なようです。

三才配置は「土→土→水」で「」とあります。

三才配置とは、天格、人格、地格の3つの配置のバランスを見ることによってその人の精神的な面、情緒的な面、耐久力の面、健康の面の吉凶を見るものです。

亀井琉弥さんは、感情よりも理性を重んじる人だそうです。

自我が強く、人間くさい人づきあいが苦手なので、会社勤めよりも独立した方が成功すると書かれています。

感情よりも理性を大事にする冷静さを活かし、これからもたくさん活躍していってほしいですね!

陰陽配列は「陽 陰 陽 陰」となっており、バランスの良い配列となっているみたいです。

姓と名のつなぎ目は「陰・陽」もしくは「陽・陰」となるのが吉とされています。

しかし、姓名判断においては陰陽配列の吉凶よりも、5つの格(天格、地格、人格、外格、総格)の吉凶のほうが重要であるため、あまり気にしすぎなくても良いようです。

宮世琉弥という芸名と、亀井琉弥という本名を姓名診断してみましたが、どちらも名字の運勢が良く、お父様の願い通り人徳にあふれた人柄が名字から感じられるのは驚きました。

人徳のある人柄と冷静さでこれからも大活躍していってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.