なえなのの本名は古田菜衣!本名がバレた経緯がやばい

Pocket

10代を中心に圧倒的な人気を誇るなえなのさん。

「今一番なりたい顔」とまで言われ、ファッションリーダーでもあるなえなのさんですが、本名がバレていたようです!

今回は、今最も勢いのあるインフルエンサーのなえなのさんの本名について見ていきましょう。

なえなのの本名は古田菜衣

画像出典元:seju

なえなのさんの本名は「古田菜衣(ふるたなえ)」でした。

事務所のプロフィール、本人の公式SNS関連、wikipediaなど、どこを見ても本名は公開されておらず”手掛かりなし”の状態ですが、なぜ漢字までもが公になっているのでしょうか?

本人や事務所の意向では本名は匂わせず、今のキャラクターのイメージで売っていく意図を感じるこの状況で、現時点で考えられる可能性はふたつほど。

ひとつの可能性は、出身地である静岡県御殿場市の旧友が、うっかりか意図的はは別といて公開してしまったケース

ふたつめの可能性は、本人がSNSや何らかの媒体で本名を使用していた過去があるなど有名になる前に本人が発信してしまったケースです。

”流出経路”はこのあとじっくり調べるとして、まずは、名前の由来から振り返っていきましょう。

 

なえなのの本名の古田菜衣の名前の由来は田んぼになる苗

画像出典元:tenki.jp

なえなのさんの本名である「菜衣(なえ)」の由来について調べてみると、「稲の苗」からきていることがわかりました。

御殿場市はアウトレットが有名ですが、それ以外では自然豊かで農業地帯もあるのどかなところです。

そんな環境で、両親が「田んぼの苗のように、大きく元気なかわいい子に育ってほしい」と感じたことから「菜衣」となったそう。

子供の健やかな成長を願い、両親がその願いを名前に込めるという素敵な命名だったことに少し胸が熱くなりますし、シンプルでストレートな願いが素敵です。

両親の願いは現実のものとなり「元気でかわいい子」に育ったなえなのさん、両親としてはそれだけで十分でしょう。

名前は、両親が子供に対して「生まれて初めて贈る大切な宝ものであり、最初に残す形見」だと思いますので、自分の名前は大切にしたいですね。

 

なえなのの本名がバレた4つの理由について

画像出典元:NTT PC

「元気でかわいい子」に育ったなえなのさんの本名は、どのようにして世の中に出ていったのでしょうか。

 

①卒アルの流出


画像出典元:X

先に推測したように御殿場の旧友が公開したのか、借りた誰かが公開したのかまではわかりませんが、「中学の卒業アルバム」が流出していました。

卒業アルバムが流出してしまうと、通っていた中学も中学時代の顔も、本名も、場合によっては部活まで”モロ出し”状態ですね。

なえなのさんがSNSを始めたのが中学生のころだったそうなので、この写真のような雰囲気で世の中に飛び出していったのだと思うと、やや感慨深くもありますが、こういった流出経路は発信側の倫理観以外に手の打ちようがないところが厄介ですね。

 

②高校時代のポスターから

さらに、なえなのさんが高校時代に書いたポスターがコンテストで入選したことで本名がメディアに出ていたことも、後々判明します。

なえなのさんが高校3年生のときに応募した平成30年度「明るい選挙啓発ポスターコンクール」で、優秀賞を獲得していたそうなのです。


画像出典元:X

「こういった形の流出もあるのか、探す方の執念も凄まじい」というのが正直な感想で、ネット社会での情報流通には恐ろしさも感じますが、なえなのさんのこのポスター、なかなかのセンスを感じませんか?

選挙への参加や大切な一票を無駄にしないというメッセージ、自分の意志で自分の生きる街の行政を決めていくという意識を極めてシンプルに、印象的に表現していますよね。

「受け手に対して、最も伝わる形でシンプルに発信できる」、これはタレントでも、お笑いでも、ミュージシャンでも、ラッパーでも、世の中に何かを発信する職業にとって、最も重要な能力だと思います。

17歳の時点でここまでシンプルで強いヴィジュアルメッセージを形にできる画力や表現力、構成力があるとは、今の人気があるのも頷けるというものです。

 

③写真集で公表したから


画像出典元:エンタメRBB

なえなのさんは2022年4月に写真集「なえとなえなの」という写真集をリリースしています。

ここでは、「本名と活動名」というコンセプトからの作品名であることを本人が公表していましたので、この時点ではある程度世の中に「古田菜衣」という名前も出回っていて、それをとりわけ否定的に捉えている訳ではない、ということが推測できますね。

この写真集ではビキニ姿から下着姿まで、まさに「等身大のなえなのと古田菜衣」をさらけ出したような仕上がりになっています。

興味のある方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

 

④ショードラマの撮影の裏話から


画像出典元:芸能人のあの噂

インフルエンサーだけでなく活動の幅が広がり、”まだまだ進行形で進化”しているあるなえなのさん。

2022年8月には、高校野球のショートドラマ「ふたりの背番号4」に出演、そのときに共演した元ヤクルトスワローズの古田敦也さんと「苗字が一緒」であることをインタビューで公開していました。

画像出典元:TVer

自分と同じ苗字の方にであうことは、そうそう多くあることではありませんので、なえなのさんも、古田敦也さんも世代を超えて親近感を持ったのでしょうね。

写真集のときもそうですが、「本名を隠す」という素振りはまったくないようです。

「なえなの」というキャラクターやイメージが確立し、”本名が知られても揺らくことのない存在感”になってきた自負があるからこそ、なのかもしれません。

 

⑤SNSで配信したから


画像出典元:芸能人のあの噂

本名が「古田菜衣」ということは、本人が子供のころの写真とともにTik Tokで紹介しています。

子供のころのなえなのさんもかわいいですね。

女の子を持つ親として筆者も実感していますが、女の子は幼稚園前から小学校低学年くらいまでの数年間が、”まるで天使”のようにかわいらしく本当に愛おしいのです(もちろん、いくつになっても娘はかわいいですよ)。

それは単に見た目のかわいさでなく、”おませで優しくて子供らしい、それでいてすでに女子である”という独特のかわいさで、なえなのさんのこの写真を見ると、そんな部分も感じられ、両親に愛されて育ったことが伝わってきますね。

このような形で本名を登場させるのは、むしろ「古田菜衣」という名前に愛着や誇りがあるからこそ、なのではないでしょうか。

ちなみに、なえなのさんが「アッコにおまかせ」に出演した際にも、和田アキ子さんに強要された訳でもなく自分で「本名は”ふるたなえ”、”なの”をつけてかわいくした」と発言しており、現在に至っては、”もはや公表済み”という認識でよいのかもしれませんね。

 

古田菜衣を姓名診断で占ってみた!


画像出典元:姓名判断

そんななえなのさんの本名「古田菜衣」を姓名診断で見てみました。

「天格」は苗字のことで、こちらは「多難 大凶」となっていますが、「人格」は「人望 逆転成功 大成」となり大吉です。

大器で幸せをつかむ人”となっており、現在のポジションやインフルエンサー、タレントという職業は、適職なのかもしれませんね。

名前である「地格」では、「積極性 地位 財産」となり「吉」、”人気運が人生を後押しする”となっていて、やはり現在の職業は、”なるべくしてなった”といえるのではないでしょうか。

「外格」も「幸運 富 地位」といい言葉が並び”もの静かに成長する人”となっています。

「総格」では、「吉凶混在」で「摩擦 孤立 頭脳明晰」で”いつも一番でありたがる人”だそうです。

タレントや俳優、ミュージシャン、インフルエンサーなどの職業では、「俺が俺が」「私が私が」という積極性や功名心も非常に重要なファクターになるので、やはり”運命の職業”なのでしょうね。

「三才配置」では「吉凶混在」、”苦労を通して成長できる”、「陰陽配列」では「バランスの悪い配列」となっていますが、”苦労を通して成長できる”という部分にすべてが集約されている気がします。

メディアやインターネットなどを通して、多くの人に見られる職業であるがゆえに、一般的な職業とは別のや”摩擦”、”摩擦のよる孤立”などの”苦労”があると思いますが、その先に”成長”があるタイプなのであれば、きっと大丈夫。

なえなのさんは、15歳からSNS活動をはじめ、10代だったころにはすでに数十万人のフォロワーを抱え、今なおその活動を続け人気と仕事の領域を拡大し続けているのですから。

 

なえなののニックネームの由来はカビゴン

「なえなの」というかわいい名前があるのですが、実はファンの間では「ゴンちゃん」というニックネームで呼ばれているなえなのさん。

このニックネームはファンから募集して厳選して決められたようなのですが、いったい何から来たのでしょうか?

どうやら、「弟とポケモンを見ていて”カビゴン”に心を奪われた!」という内容のコメントを本人がSNSなどでしていたらしいのです。

「カビゴン」とは、”食べるとき以外は寝ているふくよかなゆるキャラ”的な存在のモンスターとのこと。


画像出典元:X

そのことを覚えていたファンが「ゴンちゃん」と命名し、見事に採用されたようですね。

なえなのさんの「カビゴン好き」はかなりのもので、Xの投稿からもわかる通り、ぬいぐるみやグッズを収集しているのだそう。

自分の好きなものが、自分のニックネームになりファンの間でも浸透しているとは、なかなかいい距離感でファンと交流できているのですね。

SNSでの企画やファッション、ルックスだけではないなえなのさんの「愛される一面」も垣間見ることができました。

2023年で、22歳になり”大人の魅力”も徐々に出てきて、今後ますます素敵になっていく予感高まるなえなのさん、これからも応援していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.