【仕事は料理人か!?】父親と母親が佐久間由衣に教えた生きる上で大切な基本がヤバい

Pocket

「ViVi」の専属モデルとして人気を集め、女優へと歩みを進めた佐久間由衣さん。

女優業では、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」や「らんまん」への出演で女優として着実なステップアップを見せていますね。

今回は、そんな佐久間由衣さんの父親と母親に注目してみたいと思います。

佐久間由衣の父親と母親について


画像出典元:シネマトゥデイ

透明感や人懐っこさ、幸福感のある笑顔が素敵な佐久間由衣さん。

そんな彼女を育てた父親と母親に迫っていきます。

 

仕事は不明!


画像出典元:リクルート

佐久間由衣さんの父親と母親は一般人のため仕事は不明でした。

しかし、一般人ということで会社員だけでなく、料理人や飲食店などの自営業である可能性もありますね。

さらに調べを進めます。

 

共に料理上手!


画像出典元:ハッピーライフ

佐久間由衣さんは、あるインタビューで「両親は料理上手、冷蔵庫の食材を無駄なく使っている」と語っていました。

複数のおかずが食卓を彩るという佐久間家では、家族がご飯を三杯も食べるほど両親の料理の腕前が高いようです。

人間が人生の中で最も多く行う行動は1日に3回ある「食事」。

その食事がおいしく楽しい家庭はそれだけで豊かな感性を育めると思いますし、食事がおいしいだけで1日3回は充実感や満足感がある訳ですよね。

食事が楽しみで家に帰りたくなる、ということもあるでしょう。

そんな佐久間家、父親は”もつ煮”や”お好み焼き”といったメニューを得意とし、家族全員分の調理も一人でこなすといいます。

家族がホットプレートを囲み父親が家族の食事をそこで料理する、言葉にするだけで心が温まるような光景、とても素敵です。

また、父親が休日に作ってくれた「牛すじ」をつまみに、佐久間由衣さんが焼酎を飲んだら抜群に相性が良かったというエピソードもあります。


画像出典元:芸能人のメイク&コスメ

得意料理のレパートリーから見て、創作料理の居酒屋や和風飲食店などを営んでいる料理人のような印象も受けますね。

仮に料理が趣味だとしてもこんなメニューがサクッと作ることができる父親、カッコいい!

「男子厨房に入るべからず」は、もう過去の言葉。

女性が積極的に働く時代ですから、男性が積極的に調理するのも大いに結構ですよね。

 

大好物は母親のカレー


画像出典元:DELISH KITCHEN

そんな父親が選んだ人生の伴侶、佐久間由衣さんの母親も料理上手。

母親が作るすりおろした玉ねぎとリンゴを入れたしっかり煮込んだ本格チキンカレーが、佐久間由衣さんの大好物だといいます。

カレーは、誰に聞いても苦手な人は少ないオールマイティな料理です。

しかし、ルウにひと手間加えて深みを出すだけで、その味や香りは格段に変わってきます。

使うスパイスや隠し味に至っては何種類も組み合わせがある奥深さがあるのです。

簡単に済まそうとすれば簡単に作ることができるカレーにしっかりと手間をかける母親、とても素敵ですね。

佐久間由衣さん曰く、「我が家のカレーが一番」だそうです。

もしかして、佐久間由衣さんの母親も料理のお仕事なのでしょうか。

 

食事の時間を大事にする母親


画像出典元:HUFF POST

そんな佐久間由衣さんの母親は、食事の時間をとても大切にしているそうです。

食事中はテレビやスマホを禁止しているといますが、「家族の会話やその日の料理を楽しむ食事」という考え方にはとても共感します。

家族が自然にその場に集うことができるのは「食事」ですから、本来ではこれがあるべき姿なのではないでしょうか。

そして、「ながらご飯」は子供の教育上もよくないといいますし、医学的には「テレビを見ながらの食事」は食べることに集中できず消化不良になりやすい傾向があるといいますから、この考え方は理にかなっているのです。

 

おいしいご飯をしっかり食べて寝るという、生きる上で大切な基本を学ぶ


画像出典元:UOMO

人間はいかなる環境にあっても体が資本です。

栄養たっぷりの美味しいご飯を食べてしっかっり寝るということを基本に据えれば、自ずと「よく生きる」に繋がっていきます。

佐久間由衣さんの父親と母親は、この基本を大切にしており「生きる上で大切な基本」としているそうです。

夫婦共働きが一般化しつつある現代の家庭において、忙しさからひそかに危険信号がともっている「おいしいご飯をしっかり食べる」という行為。

出来合いのものやレトルトだけでなく、手塩にかけた食事を作ることができる家庭環境や労働環境がとても重要になりますね。

この「生きる上で大切な基本」を両親の手料理を通してしっかり学んだ佐久間由衣さん。

あの幸福感のある笑顔はここから来るのかもしれませんね。

 

芸能活動を応援してくれている

佐久間由衣さんの父親と母親は、料理で家庭を温かく包んでいるだけではないようです。

「自分が好きなことをやりなさい」と佐久間由衣さんの芸能界入りや現在の芸能活動を応援してくれているといいます。

混とんとした時代で子供にいい人生を歩んでほしいあまり、進学から職業に至るまで子供の歩むレールを敷き詰めてしまうケースも少なくありません。

それを、大きな心で「好きなことをやりなさい」と応援してくれるのですから、素敵な父親と母親なのではないでしょうか。

 

活を入れてくれる母親


画像出典元:のびこ

佐久間由衣さんが芸能活動で立ち止まったり、行き詰ったときは母親が活を入れてくれるといいます。

応援するだけだと、ときとしてプレッシャーや重みを感じてしまうこともありますよね。

そんなとき、活を入れてくれたり檄を飛ばしてくれる人がいると、気持ちがグッと引きしまうものです。

そのうえで、客観的なアドバイスもくれるという佐久間由衣さんの母親は、とても素敵な女性なのではないかと思います。

 

父親とは旅行にもいく


画像出典元:ザテレビジョン

佐久間家は家族仲もとてもいいようです。

佐久間由衣さんには、妹と弟がいるのですが、姉弟三人とも父親が大好きだそう。

1歳年下の妹は親友のようだと話す佐久間由衣さんは、10歳年下の弟もとてもかわいがっているようです。

そんな、しっかり長女の佐久間由衣さんは、父親を一緒にスノーボードや旅行に行くほど仲良しなのだとか。

父親と母親の手料理がつなぐ家族は仲良し、なんだか本当に理想の家族といった感じであったかい気持ちになります。

さて、今回は佐久間由衣さんの父親、母親についてご紹介しましたが、素敵な父親と母親であることがわかりましたね。

また、「食事」は家庭生活の基本であり、「食事」が家族の絆や関係性にも影響しているのではないかと考えさせられました。

食育として「命をいただくことや素材を活かす調理、繊細な味を感じることのできる味覚」に注目が集まって久しいですが、純粋に「家族での食事を大切にする」というベーシックな行為も食育の一環なのだな、と実感する機会にもなりましたね。

家族の幸福を有する、幸福感たっぷりの笑顔が素敵な佐久間由衣さんをこれからも応援してきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.