出口夏希は本名は不明だが中国出身のハーフ!すでに帰化し国籍が日本の可能性大!根拠あり

Pocket

美しさとかわいさを兼ね備えたオリエンタルな雰囲気の美人女優、出口夏希さん。

本上まなみさんや小雪さんを起用し、美人女優の登竜門ともいわれる”爽健美茶”のCMで見せる独特の透明感と切ない表情に、思わず息を飲んでしまいました。

そんな、出口夏希さんですが、”ハーフではないか”という噂があります。

多くの美人女優に、必ずついて回る”ハーフ”という噂ですが、出口さんの場合は、それとは少し違うようなのです。

さっそく、出口夏希さんの”ハーフ”について調べてみましょう。

出口夏希は本名は不明だが中国出身のハーフ!


画像出典元:VoCE

パッと見て、大陸の風を感じるような”オリエンタル”な雰囲気を感じる出口夏希さんですが、実は「中国人のハーフ」という噂がありました。

ルックスもさることながら、やや”舌足らず”のようなかわいらしい話し方からも「ハーフなのかな?」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

調べてみると、自身で「中国出身」と公表しているようです。

しかし、あくまで「出身」という言い方だったので、国籍が中国であるかまでは事実確認ができませんでした。

また、「母親が中国出身である」というコメントも見られます。

父親については出身地を公開したことがないようで、中国以外の国籍の国籍が高いと思われます。

父親が中国出身なら「父も母も中国出身」と言ったはずです。

さらに調べを進めると、Pock∞tとしてアイドル活動をしている際に、ライブの自己紹介で「お父さんとお母さんは日本語がほとんど通じない」ともいっていました(以下動画11:54辺りから出口夏希さん)。

ここまでの情報をまとめると、「父と母は日本語が通じなくて、母は中国出身」ということになります。

このことから見て、母親が中国人、父親は外国人である、故に「中国人とのハーフ」という確からしい仮説が成立しますね。

出口夏希さんの見た目から考えて、父親がアメリカやヨーロッパ系、インドや東南アジアの方であるとは考えにくく、韓国などの黄色人種系の外国人ではないかと思われます。

仮に父が日本人だとすると、”海外で生まれ育ったため日本語があまり使えない”というケースもありますので、「中国人と日本人のハーフ」という可能性も考えられますね。

しかし、「父親に日本語が”ほとんど”通じない」というコメントから見て、この可能性はやや低そうです。

「本名」という側面からも考察してみるべきですので、「出口夏希 本名」で調べを進めましたが、本名は出てきませんでした。

この「本名は不明」という状況から見て、「出口夏希」という名前は芸名である可能性が高いのではないでしょうか。

ひとまずの結論としては、出口夏希さんは、母親が中国人、父親が韓国人系の人種で「中国人のハーフである」と思われますね。

少なくとも「中国出身のハーフ」であることは事実と断言できそうです。

 

出口夏希の国籍は日本の可能性大

そんな出口夏希さんの国籍はどこになるのでしょうか?

Pock∞tとしてアイドル活動をしていた当時、小学生であったことから考えると「日本国籍で日本の小学校に通っていた」と考えられますね。

母親が中国人である仮説から考えてみますと、「中国は二重国籍を認めていない」ことから、場合によっては出口夏希さんが「中国籍」である可能性も否定はできません。

実際に、2018年に行われた「ミスセブンティーン2018(集英社)」では、”自己アピール動画で流暢な中国語を披露した”というウィキペディアの記述もありますので、この可能性も十分に考えられるのです。

これ以外のネット記事でも、「出口夏希さんは中国語が堪能」という記載が多くありました。


画像出典元:ウィキペディア

しかし、「小学生時点で日本でアイドル活動をしていた」という点、「2024年で22歳の出口夏希さんが現在も日本で活動している」という点、さらには「その間、ずっと日本に居住している」という点から考えて、「現在は日本国籍」と考えるのが自然でしょう。

その理由としては、労働によって得た報酬に対する税金や日本国内での生活における利便性が挙げられます。

その国に長く居住するからには、その国の国籍を持ち、その国の税制に従って納税している方が、生活での不都合も少ないでしょう。

そうしたことから考えて、「現在の国籍は日本で、中国籍からの帰化または他国籍からの帰化」の可能性が高いと思われます。

「中国語が堪能」という側面を加味して考えると、「中国籍からの帰化」の可能性が高いと見るのが妥当かもしれませんね。

 

中国人が日本に帰化する7つの条件と出口夏希がそれを満たしているのか


画像出典元:帰化申請サポート

さて、ここからは「帰化」における条件を見てみようと思います。

中国人が日本人に帰化するための条件を以下に記します。

 

1:帰化申請時に、継続して日本に5年以上住んでいる

※「継続して」という点が重要で、断続的では不可。また、5年のうち3年以上は就労していることが条件。

長年日本に住んでいる出口夏希さんは、小学生のころからアイドルとしての就労がありましたのでこの条件はクリアです。

 

2:帰化申請時に、当人が20歳以上であること

※両親ごと帰化申請する場合は、未成年でも申請可能。

また、2024年現在22歳である出口夏希さんは、2年前にはこの条件をクリアしていますね。

 

3:素行条件として善良であること

※犯罪歴、納税状況、年金支払い歴、交通違反などから判断。尚、納税は家族全員の状況を確認、年金については直近1年間分の支払いが必要。

※交通違反は過去5年で5回以下がライン。

アイドルや女優という人気商売を生業としていること、現在もその活動を継続していること、報道等でのそのような事実がないことから見て、この条件もクリアです。

 

4:生計条件

※日本で生活していくにあたって生計を維持することが条件となり、同居家族全員分が確認される。

※目安として「手取り額で月18万円以上」で、扶養者がいる場合は「18万円+α」で確認される。

現在では、CMをはじめ数多くのお仕事をこなしている出口夏希さん、もちろんこれもクリアしていますね。

 

5:重国籍防止条件

※帰化する場合は、無国籍または帰化によって前国籍を喪失する。

※日本では二重国籍が認められていないので、原則、帰化後に前国籍を喪失する。

出口夏希さんは、この条件もクリアしたものと思います。

 

6:思想条件

※政府を暴力等で破壊する、それを主張する、そのような団体を結成、または加入することがない(テロ防止などの観点)。

こちらは、「3」同様ですが、この可能性はないと思われ、クリアでしょう。

 

7:日本語能力条件

一定以上の日本語力、面談時にペーパーテストが課されることもある。

日本語でのお仕事をメインにこなしている訳ですから、こちらもクリアです。

条件面から見ても、出口夏希さんが日本国籍に帰化できることは明らかですね。

帰化申請に対しての障壁はありませんので、「帰化した(できた)」と見てよさそうです。

画像出典元:みなとまち行政書士事務所

ちなみに、帰化申請は「法務局」での手続きとなり、例えば、東京都では東京都法務局(千代田区)が窓口となります。

また、帰化は申請から許可までの平均的な所要期間は、約10か月~14か月となっているそうです。

申請手順としては、申請に必要な書類を集め、申請書を提出した後、法務局での面談(場合によっては日本語テスト)、周辺調査、家庭訪問、職場訪問を経て許可決定へと至ります。

周辺調査や家庭訪問、職場訪問という部分でその人の人格や人となり、交友関係や活動内容などが細かく確認されますので、ここにはひとつのハードルがありそうですね。

申請に必要な書類は、「帰化許可申請」、「永住許可申請(許可時に手数料8,000円)」、「在留資格取得許可申請」、「在留期間交信許可申請(許可時に手数料4,000円)」となっています。

申請費用は、書類1通につき300円で、取得書類は申請人によって異なるそうで、会社員なら、約3,000円、個人事業主で約15,000円、会社経営者で約20,000円が相場といわれています。

個人であれ、会社であれ、経営者や事業主は事業内容に関連する書類などが多くなるため書類数や費用に差があるのでしょう。

また、調べてみると、昭和44年か令和4年までの帰化申請許可率は平均で87%だそうです。

かつては許可率が低く約40%程度だったようですが、近年は90%程度の推移を見せているといいます。

それなりの時間と手間のかかる帰化申請をクリアして、出口夏希さんは「日本国籍に帰化」したのではないでしょうか。

このようなステップを経て、あの”爽健美茶”のCMにたどり着いた出口夏希さん。

独自の透明感や美しさが醸し出す「将来の可能性を大いに感じさせる」出口夏希さんの、これからの活躍を全力で応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.