永野芽郁は本名!読み方はながのめい!韓国人の噂はデマ!姓名診断の結果がやばい

Pocket

のんさんのようなキュートさに、鈴木京香さんや仲間由紀恵さんのような透明感を兼ね備えたルックスの永野芽郁さん。

メイクや役柄で雰囲気が大きく変化し、様々な魅力を見せてくれる永野芽郁さんの芸歴は2024年でなんと17年になります。

小学3年生のときにスカウトされて以降、ドラマや映画で活躍し続けてきた永野芽郁さんの本名やその読み方、国籍の噂や姓名診断を調べてみました。

永野芽郁は本名!読み方はながのめい!韓国人の噂はデマ!

永野芽郁さんの本名を調べてみると”永野芽郁”でした。

読み方もそのままズバリ、「ながのめい」です。

本名が発覚した経緯は明らかになっていませんが、子役活動の当初から「永野芽郁」を名乗っていたので、そのまま活動しているのでしょう。

子役として活動を開始する場合、一般的な心理として”まずは本名で”というものがあったのではないかと推測します。

「売れるかどうかわからないし、”子役”だし、まず本名で活動し、本格的に女優を仕事にするとなったら芸名を考えよう」、そんな感じだったのかもしれません。

所属事務所であるスターダスト所属の俳優、女優、タレントを見てみると、「必ず本名使用」という訳でもないようなので、事務所の方針ということはないと思います。

本名で活動し続けているうちに活動が軌道に乗り、女優としてのイメージも出来上がってきて、名前と目指す方向性に違和感やギャップもなかったのでしょう。

筆者の個人的な意見ですが、永野芽郁さんの見た目や声、雰囲気や性格からも、「めい」という”かわいらしさ”と”個性”が同居した名前はとてもマッチしていて素敵だと思います。

そんな永野芽郁さんには、”韓国人の噂”がありました。

念のため調べてみましたが、”韓国人の噂はデマ”と見てよいと思います。

透明感のある見た目、大きな瞳、きれいな白い肌などから、K-POPアイドルのような雰囲気も感じられる永野芽郁さんですから、そのような噂が出た可能性もありますね。

また、以下のXでもわかる通り、本人が「韓国語を勉強している」という事実から、”韓国人の噂”が出たのでしょうか。

しかし、この映像でもわかる通り、「”自己紹介”しかできない」のと「相手がなんと言っていたか理解できなかった」という点から考えて、”韓国人の噂はデマ”は確定と言えます。

このサイトでも何度か書いたかもしれませんが、美人女優には「〇〇人」や「〇〇のハーフ」という噂がつきものなのですね。

 

永野芽郁の本名は5月(メイ)からはとっていない!

「めい」という名前は、”かわいらしさ”や不朽の名作である「となりのトトロ」の”めいちゃん”のイメージと、5月を英語にした際の「MAY(メイ)」と合わさって、5月生まれの女の子の名前としては大人気です。

「月」を英語にした際に、名前にしても違和感がないのは「5月のメイ」だけですので、こういった和洋瀬中のかわいらしい名前になるのですね。

若いママたちに人気の育児関連サイトの調べでは、「5月生まれの女の子の名前で”めい”が3年連続1位である」と書かれていましたので、「もしかして!」と思って調べてみました。

ところが、永野芽郁さんは「1999年9月24日 生まれ」で、”あて”は完全に外れてしまいました。

誕生月ではない理由で「芽郁」と名付けられたということですね、ということは…。

「芽」は「芽吹く=しっかりと育つ」という意味合い、「郁」は「かぐわしい、よい香り=好ましい」という意味合いから、「才能が芽吹き、周囲から好まれる、愛される」というような願いを込めての「芽郁」なのかもしれません。

ファンの間では、”めいめい”や”めいちゃん”と呼ばれて愛されている永野芽郁さんですから、「才能が芽吹き、周囲から好まれる、愛される」という状態を実現できてはいますよね。

筆者の勝手の推測も”当たらずとも遠からず”ということにしておきましょう。

また、永野芽郁さんは自身のファンのことを「めいの友達=めいメイト」と呼んでいるそうで、本人も「めい」という名前を”気に入っている”、”大切にしている”と思われます。

「めいメイト」というネーミングセンスも、なかなかのものですね。

「5月生まれの女の子の名前で”めい”が3年連続1位である」という事実もあり、永野芽郁さんは、周囲からはよく「5月生まれで芽郁なの?」と聞かれるでしょう。


画像出典元:gooブログ

そんなことを如実に示すエピソードがありました。

永野芽郁さんが、「嵐にしやがれ」に出演した際には、松本潤さんも”自信満々”で「5月生まれで芽郁なんだっけ」と質問。

いえ、9月生まれです」と切り返されて見事に撃沈してましたが、”お約束ネタ”のような掛け合いに少々笑ってしまいます。

どうやら、松本潤さんはこの質問を数年前にも永野芽郁さんに投げかけたらしく、その”天然ぶり”が微笑ましいですね。

 

永野芽郁の本名に関しての世間の声について

そんな永野芽郁さんの名前を世間はどう捉えているのでしょうか。

まずは、同じ名前のアカウントの方からは、名前への称賛と応援の声が上がっています。

これは、まあ、当然といいますか「同質性を好む人間の本性」といいますか、ですね。

とはいえ、あくまでイメージですが、「めい」をはじめとして「まい」「りえ」「かな」「ゆき」「ゆか」など二文字の名前は、”かわいい”印象があるのは否めません。

そのなかでも「めい」という名前は、響きも含めて、その印象がとても強い印象があります。

続いては、こちら。

「芽郁」という漢字への共感や賞賛の声ですね。

再掲しますが、「芽」は「芽吹く、育つ」という意味合い、「郁」は「かぐわしい、よい香り=好ましい」という意味合いから、「才能が芽吹き、周囲から好まれる、愛される」という願いを込めた漢字なのでしょうね、素敵です。

漢字で見れば「芽衣」が一番人気のようですが、「郁」という漢字を使っているところに”付け手”の想いやセンスが出ていると感じます。

そのほかの声も調べてみましたが、概ね高評価や共感の声が多く上がっていますね。

「ながのめい」という音の響きも、音韻もとても収まりがよいと思いますし、「永野芽郁」という漢字の字面も見栄えもとてもよいと思います。

 

永野芽郁を姓名診断で占ってみた!

では、そんな素敵な字面と漢字の「永野芽郁」という名前の姓名診断を見てみましょう。

天格は”人望 逆転成功 大成”となり「大吉」と出ています。

全国の「永野さん」の「やった!」という声が聞こえてきそうですね、おめでとうございます。

地格は、”積極性 地位 財産”と出ていて「吉」。

”人気運が人生を後押しする”という、女優・タレントとしては”これ以上ない”という姓名診断です。

外格は、”孤立 トラブル 不遇”と出ていて「凶」、ここまでの流れで見れば、”C’est la vie~これが人生さ、そんなこともある”とうところでしょう。

総格で見ると”開運 勇気 成功”と出ていて「特殊格」となっています。

”男の子向きの大出世数”となっていますが、”多様化”や”男女平等”、”ジェンダーレス”と言われる時代です、ここは”人として大出世数”と意訳してもよいのではないでしょうか。

三才配置では、「吉凶混合」で”不遇の経験をバネに生きる”と出ていますので、本質的には芯の強い前進力のあるタイプでしょう。

陰陽配列は”バランスの良い配列”となっています。

三度目ですが、「永野芽郁」という名前は、「才能が芽吹き、周囲から好まれる、愛される」力を持った名前なのですね。

すまし顔から感じる”しなやかさ”や”クールさ”、人懐っこい笑顔から感じる”屈託のなさ”や”素直さ”、永野芽郁さんいは内面と外見がリンクする不思議な魅力があります。

その魅力は、人種や国籍を超えた人間の「心のずっと奥の方」からくるのではないでしょうか。

名前の持ち力、永野芽郁さんという人間が持つ力が、がっちりと噛み合うこれからの年齢にこそ、彼女の真の魅力が羽ばたくときだと感じます。

これからも、永野芽郁さんを応援していきましょう。

さて、今回は、永野芽郁さんの「本名」、「韓国人の噂」、「姓名診断」についてご紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.