北香那は本名!国籍が韓国や中国はデマ!姓名診断の結果がやばい

Pocket

若くして、「演技がブレない」という評価を得る女優・北香那さん。

3歳からバレエを習っていただけあって、その立ち姿や姿勢の良さ、存在感には目を見張るものがあります。

力強く澄んだ瞳は、日本という世界を超える雰囲気や可能性すら感じさせる北香那さんには、国籍にまつわる噂がありました。

今回は、そんな北香那さんの”国籍”や”本名”、”その姓名診断”を調べてみたいと思います。

北香那は本名!画像出典元:ENCOUNT

北香那さんですが、結論から申し上げますと本名です!

「北香那」と漢字で書くと、パッと見て「どこでどう切って、なんて読めばいいの?」と感じてしまうかもしれません。

やや中国や韓国の香りを感じてしまう、という方もいらっしゃると思います。

実は、「北香那さんは、中国籍か韓国籍」という噂があったのです。

 

北香那の国籍が韓国や中国はデマ

調査の結論から申し上げますと、「北香那さんの国籍が韓国や中国はデマ」でした。

ウィキペディアや各所のプロフィール、多くの記事を調べましたが、外国籍であることを確定づけるものは見つかりません。

”目力”という表現を超えた独特の瞳が感じさせる不思議な魅力もあるため、一聴すると、「国籍が韓国や中国」は真実かと思ってしまいますよね。

そして、「北香那」という芸名からもそう感じてしまいますが、何を隠そう北香那さんの本名は「北 香那(きた かな)」なのです。

これだけは人に負けないものは?」、という問いに本人が「自分の名前のコンパクトさ。本名です。」と答えていましたので、この本名は事実そのもの。

姓名合わせて四文字は、国内トップクラスのコンパクトさですね。

筆者には、かつてのクラスメイトに”すわりえ”さんという女性がいました。

彼女は、皆から「名前短いなー」と言われたり、”短くて物足りないから”という理由でフルネームで「すわりえ」と言われたりしていて、最終的には「四文字女」というあだ名が定着し、人気者という称号を得ていたことを思い出します。

筆者の思い出話にそれてしまいましたが、北香那さんは、1997年8月23日生まれ、東京都出身、特技が”バレエと韓国語”だそうです。


画像出典元:キラリ!俳優☆応援団

そんな特技も、「国籍が韓国や中国」という噂のもとになったのでしょう。

女優やタレントのプロフィールに「●●語が特技」と書かれるだけで、直観的に国籍と結びつけてしまうのは、世の常なのですね。

それに加えて、北香那さんの出世作との呼び声も高い「バイプレーヤーズシリーズ」では、”中国語訛りの怪しい日本語を話す”ジャスミンという役を演じたことが、この噂を加速させました。


画像出典元:テレ東

画像出典元:バイプレーヤーズ公式

バイプレーヤーズ公式チャンネルの映像を見てみますと、「リアルでエキセントリックなジャスミン」がそこにいました。

かわいくて明るいけれど、明らかに”どこかが浮世離れした”の唯一無二の人格、秀逸です。

「北香那さんの演技力の証明」と言ってもいいジャスミン役の快演で、同作品のプロデューサーである濱谷晃一氏は「演技がブレない、クリエイティブ」と高い評価を示しました。

画像出典元:ウィキペディア

また、本人も演技や評価に手ごたえを感じたようで、以下のようなコメントを残し、”中国籍の噂の出所”とも認めています。

本人も「中国の人っぽく見える字面」と語るほどなので、ファンや視聴者はそう思っても無理はないかもしれません。

画像出典元:キラリ!俳優☆応援団

このジャスミンという役は、かつて北香那さんが、工場でアルバイトをしていたときに一緒だった”同僚の中国人の方を参考に作り上げた役柄”のようです。

身近に存在している人の特徴を掴む”観察力”と、その特徴を人の目を惹くようにアレンジする”構成力”、そして”表現力と演技力”のなせる業が生んだ快演。

「北香那さんの国籍が韓国や中国」という噂は、彼女の努力や才能、センスから生まれたものだとわかりましたね。

”噂の根源になるほど人の目を惹きつけた”北香那さんの力、素晴らしいの一言に尽きます。

 

北香那の本名を姓名診断で占ってみた!

そんな、人気と実力が伴った北香那さんの名前を姓名判断で見てみましょう。


画像出典元:姓名診断

苗字である天格は”健康 財産 繁栄”で「吉」となっています。

人格では”孤立 トラブル 不遇”というネガティブワードが飛び出す「凶」。

”人生が急展開する波乱の人”であるようです。

しかし、「名前である地格」は”人望 逆転成功 大成”となり”大器で幸せをつかむ人”となっていました。

ここまででまとめるなら、”急展開や波乱を乗り越える逆転人生で成功”となりますね。

外格を見てみると、”意志薄弱 失敗 病弱”で「凶」、”中途挫折運がつきまとう人”となっていました。

総格で見ると”独立 統率力 名誉”で「吉」と出ています。

”わが道を貫く指導者タイプ”だそうで、自分の力で困難も乗り越えていきそうですね。

三才配置では「大吉」が出ていて”自分も周りも幸せにする”と出でいます。


画像出典元:MANTAN WEB

多くの人を幸せにしてしまう人徳の持ち主だそうで、「女優という職業はまさに天職」と言えるのではないでしょうか。

陰陽配列は「バランスの悪い配列」となっていました。

北香那さんの名前である「香」には「よい香り」、「那」には「美しい・しなやか」という意味があるそうですが、「名は体を表す」かのような名前ですね。

”人を幸せにする四文字女”である北香那さん、本名としても芸名としても、なかなかのパワーを持った名前に、少々うらやましさを感じてしまいます。

 

西乃サワを姓名診断で占ってみた!

さらに調べを進めると、北香那さんが実は子役でも活躍していたこともわかりました。

テレビ東京で2009年~2015年に放送されていた「ピラメキーノ」という番組で「子役恋物語」というコーナーに出演していたそうです。


画像出典元:ピラメキーノ

画像の右端が、北香那さんです。

この番組には、小学6年生である2009年ごろに出演していたようですが、画像の通り、当時は「西野サワ」という名前で活動していました。

小6にしてすでに抜群に美人ですが、目元や口元は今と変わっていませんよね、「これは売れるわ」という感じです。

ということで、「西野サワ」という名前も姓名判断で見てみましょう。


画像出典元:姓名診断

天格は”勤勉 努力 成功”で「吉」です。

人格は”健康 財産 繁栄”となり「吉」、”バランスの取れた心と運気”と非常に安定感のある要素を見せています。

地格は、人格同様に”健康 財産 繁栄”、”バランスの取れた心と運気”となり「吉」でした。

外格は天格同様に”勤勉 努力 成功”で「吉」、”信念と努力で道を極める”となっています。

総格を見てみると”円満 名声 人気”と女優にふさわしい内容で、なんと「大吉」でした。

”明朗で活力旺盛な人気者”であり、「才能もツキもある、努力すれば成功間違いなし」という側面も見られました。

三才配置でも「大吉」が出ていて、”感動に涙する劇的な人生”となっています。

陰陽配列では「並び・つながりともにバランスのいい配列」だそうで、「なんか完璧じゃね?」と言いたくなってしまいました。

これまで本サイトでも多くの俳優や女優の姓名診断を見てきましたが、「陰陽配列」で「いい配列」を出した名前は、今まであまり見たことがないように思います。

「西野サワ」という名前は、かなり大きな力を持った名前ですね、この名前を考案した方は、いったいどなたなのでしょうか。

有名な占い師の先生なのか、マネージャーさんなのか、はたまた本人なのか、引き続き情報を追いかけたいと思います。

個人的には、名前をカタカナにする辺りにかなりのセンスを感じますね。

この名前が、彼女の持つ才能や能力を引き出した、とも言えるのですが、「北香那」という本名で女優という道を歩き始めた北香那さんは、快進撃を続けている、と言っても過言ではありません。

今回は、若手女優注目度ナンバー1とも言える北香那さんの「国籍が韓国や中国」という噂や本名や過去の芸名の姓名診断を調べてみました。

芸名であり、本名である「北香那」の持つ妥当性を感じつつ、かつての芸名のパワフルさには少々面喰いましたが、名前はあくまで名前です。

本人の努力と才能が切り開いた女優という道と評価には納得ですが、これからの北香那さんの今後にも目が離せませんね。

これからも、北香那さんを応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.