【再婚の噂はデマ】神保悟志と嫁・鮎ゆうきについてまとめ!夫婦仲良好の秘訣が素敵

Pocket

数え切れないほどのドラマや映画に出演し、バラエティやCM、ナレーターまでこなす神保悟志さん。

その実力や存在感は圧倒的で、浜崎あゆみさんの「bloom」という楽曲のPVにも登場するほどの異彩を放っています。

そんな神保悟志さんの嫁はどんな人でしょうか?

今回は、神保悟志さんの「嫁」「夫婦仲」などについて見ていきたいと思います。

神保悟志は再婚ではない


画像出典元:ORICON NEWS

神保悟志さんは、39歳になった2001年6月に女優の鮎ゆうきさんと結婚しました。

神保悟志さんは初婚だったのにもかかわらず、結婚時の年齢がやや高かったからか「神保悟志さんって再婚だよね?」っという声がチラホラ。

改めて言いますが、神保悟志さんは再婚ではありませんでした。

 

神保悟志の再婚が疑われた理由

では、なぜ神保悟志さんが再婚だと疑われたり、思われたりしたのでしょうか?

インターネットでは「神保悟志さんは板谷由夏さんと結婚していたから再婚でしたよね?」という書き込みまでなされていました。

 

①ドラマの夫婦役から勘違いしたため


画像出典元:ザテレビジョン

調べてみると、神保悟志さんは板谷由夏さんとドラマ「13」(2020年)で夫婦として共演歴がありました。

このドラマに限らず、様々な方と夫婦役で多くのドラマに出演していることもあり、結婚経験のある人という勘違いに繋がってしまったのかもしれませんね。

神保悟志さんは、ウィキペディアでざっと見ただけでも140本以上ものドラマに出演されていました。

それでけのドラマの中でも夫婦役の出演もかなりの数だったと思います。

「現在の妻である鮎ゆうきさんとの結婚が再婚ということではなく、最近共演した板谷由夏さんとの再婚した」という誤認が面白いですね。

いつの間にか鮎ゆうきさんと離婚したことになってしまっていますが、ご本人にとっては少々驚きでしょう。

神保悟志さんと板谷由夏さんの演技力やドラマの演出した家庭観がよほどリアルだったのかもしれませんね。

 

②相棒で共演している同年齢の山西惇と混同した可能性


画像出典元:マイナビニュース

また、同じドラマ「相棒」に出演していた山西惇さんと勘違いされた可能性もありますね。

神保悟志さんは1962年生まれで、2024年現在61歳、山西惇さんも同じく1962年生まれで61歳でした。

山西惇さんが2008年に、19歳年下のスタイリストの女性と再婚したことで混同してしまったファンもいたのかもしれませんね。

神保悟志さんと山西惇さんは、ドラマ以外での番組共演も何度かありましたので印象や情報が入り乱れてしまったのではないでしょうか。

 

神保悟志の嫁・鮎ゆうきについて


画像出典元:X

では、ここからは神保悟志さんの嫁である鮎ゆうきさんについて見てきたいと思います。

 

元宝塚のトップスター


画像出典元:東スポ

鮎ゆうきさんは、1985年に宝塚の初舞台を踏み、雪組配属後に花開き、雪組トップ娘役となったトップスターです。

元宝塚のトップスターの鮎ゆうきさんは、名作「風と共にさりぬ」のスカーレット役を演じるなど若手時代から活躍し、以降は宝塚の重要なポジションとしてその存在感を見せつけました。

1991年に宝塚の退団公園を大成功に導き、惜しまれつつも退団。

退団後も宝塚専門のネットサイトに登場するなど、根強い人気を博しています。

1993年からは手えれ微ドラマを中心に、女優としてキャリアを重ねていきました。

 

やはり芝居が大好きで結婚し退団後も活動休止を挟み女優業を


画像出典元:Ameba

そんな鮎ゆうきさんは、4歳年上の神保悟志さんと35歳になる2001年に結婚。

結婚を機に一時期は活動を休止し、2児の母にもなりましたが「やはり芝居が好き」という想いから女優復帰への道を歩んだのでした。

 

活動休止のせいで病気と勘違いした人も

鮎ゆうきさんは、2001年の結婚を機に家庭に入り、出産や育児のためにおよそ5年間、女優業を休業していました。

その期間には、「鮎ゆうきさんは病気か」という勘違いもあったそうです。

なにせ、神保悟志さんと鮎ゆうきさんは「交際5か月のスピード婚」だったこと、鮎ゆうきさんが潔く休業に入ったこともありましたので「結婚したことを知らなかった」という方もいたほどでした。

 

ネットの反応

神保悟志さんと鮎ゆうきさんの結婚について、世間やネットの反応はどうだったのでしょうか。


画像出典元:X


画像出典元:X

往年の宝塚ファンからで「知らなかった、鮎ゆうきさん、好きだったなぁ」という懐かしむコメントもありますね。

また、宝塚や鮎ゆうきさんのファンだからこそ「鮎ゆうきさんのご主人が神保悟志さん」の言い方がしっくりくる方もいるのですね。


画像出典元:X

また、「昼ドラの帝王」という異名もある神保悟志さんが結婚したことや、嫁が鮎ゆうきさんであることへの驚きを表す声もありますね。


画像出典元:X

シンプルに美男美女の夫婦であることを賞賛する声もあります。


画像出典元:X

「トリビアの泉」のようなコメントも出ました。

どの声も二人の結婚を好意的に受け止めている印象がありますね。

しかし、「知らなかったなぁ」というニュアンスの声が想いのほか多いので少し驚きました。

筆者は、ドラマで数多くの夫婦役を演じている神保悟志さんなだけに「あれ、結婚してなかったんだ」というのが率直な感想でした。

 

神保悟志と嫁・鮎ゆうきの馴れ初めについて

さて、二人の馴れ初めを見てみましょう。

二人は、1999年からシリーズ展開された「温泉へ行こう」で共演していました。

共演したばかりの頃は交際には発展しなかったのですが、共演3年目の2001年に交際に発展し結婚に至ったようです。

 

神保悟志と嫁・鮎ゆうきは交際5ヶ月のスピード結婚!


画像出典元:芸能人の現在特集

神保悟志さんと鮎ゆうきさんは、なんと「交際5か月のスピード婚」でした。

打ち上げで意気投合し、2001年の正月から交際開始、2001年6月には結婚発表というまさにトントン拍子。

交際に発展する前から共演していたこともあるためか、二人にとっては「時間は問題ではなかった」ようですね。

筆者のみならず、出会って数か月で結婚に至るような燃え上がる恋をしてみたい、と思った方も多いでしょう。

どうやら、神保悟志さんの猛プッシュで交際から結婚に一気に進んで行ったようです。

 

3股交際経験の神保悟志との結婚に反対の声も

若い頃の神保悟志さんは、イケメンプレーボーイとして有名だったようです。

一時期は3股交際もしていたといわれている神保悟志さんでしたが、鮎ゆうきさんには「一途でゾッコン」だったそう。

プレーボーイを虜にする鮎ゆうきさん、なかなかやりますね。

そんなプレーボーイの神保悟志さんでしたので、周囲からは「結婚に反対」とう声も出ていたようです。

今となっては、おしどり夫婦で有名な二人ですから、結婚という選択肢は大正解だったのですね。

 

神保悟志が嫁・鮎ゆうきとの結婚の決め手について


画像出典元:X

そんな二人の結婚の決め手は、鮎ゆうきさんの人間性に神保悟志さんが惚れ込んだためだそうです。

ドラマで共演した際に、撮影量が多く、撮影時間や待ち時間の長い大変な現場にイラついていた神保悟志さんをよそに、鮎ゆうきさんは「この現場は仕切りがいいからラク」と涼しい顔。

そればかりか、周囲にしっかりと気を配ることもできて、文句のひとつも言わない器の大きさだったというのです。

それに「この人は女優としてもすごいけど、人間としてもすごい」と尊敬の念が生まれ、恋に発展し、愛になったのだそうです。

相手のいいところを尊敬できることもさることながら、過酷な現場でも周囲に気を配り謙虚に振る舞う姿勢は本当に素晴らしいですね。

こういった人は、性別や年齢にかかわらず素直に尊敬に値しますし、現場や仕事、人生のお手本にもなります。

宝塚という伝統と歴史のある世界でトップを張る方は、やはり内面も外見も輝いているのですね。

 

神保悟志と嫁・鮎ゆうきは22年間喧嘩なしで夫婦仲は良好


画像出典元:映画ナタリー

ステキな嫁・鮎ゆうきさんと神保悟志さん夫婦は、結婚22年間で喧嘩なしだそうです。

付き合い始めたとき「あ!結婚するなとお互い思た」と語る神保悟志さん。

もともとの相性も相当よかったのでしょうね。

また、夫婦円満の秘訣は「もともと尊敬から入っているから」と語る神保悟志さんも出来た人間なのでしょう。

「尊敬が土台にあるから喧嘩にならない」のだそうです。

その結果、結婚して22年間喧嘩らしい喧嘩はないというのだからうらやましい限りですよね。

しかし、本当の秘訣は半分はのろけのような形で明らかになります。

「愛してる、ステキだね」と思ったことは全て口に出すのだとか。

自分の配偶者を「愛してる、ステキ」と感じられる感性も素晴らしいのですが、それを口に出してしっかりと伝えることはとても大切なことですよね。

思っていることは言わなくてもわかって欲しい、そんな感情から大切なことが一番伝えられない日本人男性においては、社内全体で考えなければならない観点だと思います。

 

嫁より綺麗な女の人を、いまだに見たことがない。


画像出典元:X

また、「嫁よりきれいな人をいまだに見たことがない」とも言います。

神保悟志さんによれば、鮎ゆうきさんはいつも女性としてきれいにしているので、自然と「嫁が一番きれい」ということになってしまうのだとか。

実際に美人な鮎ゆうきさんですが新婚と言われる時代を過ぎてもこういった言葉を届けられる夫、本当に素敵な神保悟志さん。

相手を想うこと、相手に想われるためにきれいにすること、ステキな夫婦にはお互いに秘密があるのですね。

 

どんなに機嫌が悪い時でも、嫁からの電話にはニコニコ

そんな二人だからこそ、神保悟志さんは「嫁からの電話にはいつでもニコニコ」だそうです。

どれだけ機嫌が悪くても、嫁からの電話で機嫌がよくなってしまうというのだから、本当に相思相愛なのですね。

 

子供からはラブラブと言われている

子供からは「パパとママはいつもラブラブだね」と言われているそうです。

夫婦の中がいい家庭の子供は自己肯定感が固く、学習や学ぶ意欲が高いという研究結果もあるほどですから、夫婦仲がいいということは本当に大事なことなのですね。

お互いにここまで想い合えることは本当にフィットする相手に出会えた証拠です。

こういった話を自分たちの生活の中で、自分に可能な形で取り入れていきたいと心から感じますね。

 

神保悟志と嫁・鮎ゆうきの子供は2人


画像出典元:芸能人の現在特集

結婚して以降常に愛し合っている二人の間には、二人の子供が生まれたそうです。

鮎ゆうきさんが2001年から5年間、女優活動を休止していたためその5年間の間に生まれた二人の子供は両方とも女の子だといいます。

神保悟志さん本人や事務所の方針として、一般人の子供たちの情報は積極的に開示しないということでしたので詳しい情報はありません。

しかし、あくまで推測にはなりますが仲の良い両親に囲まれて、きっと幸せな人生を歩んでいることでしょう。

さて、今回は俳優の神保悟志さんの嫁である鮎ゆうきさんや夫婦仲について調べてみました。

驚くほど相思相愛の二人に、なんだか幸せな人生のコツを教えられたかのような感想をいだいた方も多いのではないでしょうか。

二人のインタビューからは新たな夫婦円満のコツが語られる可能性もあり得ますよ。

これからも、神保悟志さんと嫁の鮎ゆうきさんの活躍を見守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.