【上尾で確定】羽鳥慎一の実家情報まとめ!埼玉愛がヤバい

局アナとして、フリーアナウンサーとしてとして日本のトップクラスの実力や知名度を誇る羽鳥慎一さん。

フリー転身後には、華麗な再婚も見せた羽鳥慎一さんですが、出身や実家についても気になりますね。

今回は、羽鳥慎一さんの実家まわりについて調べていきたと思います。

羽鳥慎一の実家について


画像出典元:entax

人気アナウンサーとして年収2億円以上とも言われる羽鳥慎一さん。

そんな羽鳥慎一さんの実家や親について調べていきましょう。

 

埼玉県上尾市で生まれた


画像出典元:Map-It

羽鳥慎一さんは、埼玉県上尾市で生まれたようです。

生まれてから小学校1年生までの、人間の基礎人格が形成される時期まで上尾市に住んでいた羽鳥慎一さん。

出身地を聞かれれば、羽鳥慎一さんは上尾市出身と答えることに何の違和感もない居住期間です。

 

上尾市はどんな場所か

埼玉県上尾市は、埼玉県の中心的な年である大宮市に隣接した市で、居住には適した22万人以上の人口を誇る中堅都市です。

埼玉県内では7番目に人口が多い都市で、近年では商業施設が多く買い物環境のいい都市としても知られているようですね。

イオンモール上尾、アリオ上尾、P・A・P・A上尾ショッピングアベニューという大型施設があり、アパレルやインテリア、カフェや食品、生活必需品など多種多様な商品が多様な選択肢の中からチョイスできる環境は魅力的ではないでしょうか。

上尾市は、首都圏のベッドタウンにして生活に便利な理想的郊外のな街といえるのかもしれません。

 

小学2年で神奈川県横浜市戸塚区引っ越したり、その後、埼玉県熊谷市中奈良に戻ったり

羽鳥慎一さんは、生まれてから小学校1年生までを埼玉県上尾市で暮らし、小学2年生からは神奈川県横浜市戸塚区にて生活を送りました。

そして、その後実家が埼玉県熊谷市中奈良に移った可能性が高いようです。

恐らくはこのタイミングで「同地に定住することとなった=住宅を購入した」と思われます。

羽鳥慎一さんの父親は羽鳥昭治さんという名前ですが、当時の電話帳にはこの名前が一件のみだったそうで、そこから埼玉県熊谷市中奈良という住所が浮かび上がったようなのです。

かつては、個人情報保護法などは存在せず、住所や人名、電話番号は公知情報として一般に公開されていました。

そのため、本人が電話帳で公開する意思を持てば、住所氏名電話番号という主要な個人情報は一般情報として世間に公開されていたのです。

今考えると、なかなか恐ろしい時代ですよね。

その影響で今、こうして羽鳥慎一さんの実家の情報が表に出てきてしまうのですから。

 

今後も上尾市に戻る可能性もある


画像出典元:entax

そんな羽鳥慎一さんですが、今後、かつての地元であった上尾市に戻る可能性もあるようです。

羽鳥慎一さんは、埼玉県愛がとても強く、両親と過ごした上尾市の思い出も色濃いといいます。

上尾市にある水上公園や吉見百穴には両親によく連れて行ってもらっていたことを懐かし気に語る場面がありました。

やはり、生まれ育った街は人間にとって特別なものなのですね。

さらに、あるインタビュー企画では埼玉県出身者との埼玉トークをノリノリで展開。

埼玉県民以外が聞いてもピンとこないかもしれない話題をにこやかに繰り広げ、埼玉県名物の十万石まんじゅうは絶対買って帰る、という埼玉愛をさく裂させていました。

そして、「埼玉がなければ私は生まれていない。ありがとう埼玉」とも語る羽鳥慎一さんの埼玉愛は本物でした。

 

お金持ちではない

羽鳥慎一さんの実家はお金持ちではないようです。

羽鳥慎一さんの両親は既に亡くなられていたので詳細まではわかりませんが、出身大学の早稲田大学は私立ですが、それ以外の小中高は公立の学校を出ている羽鳥慎一さん。

そのことから考えて、「金持ちではない=一般的な家庭」と考えられます。

子供を大学まで出していることを考えると、そこまでの経済力があることは明白ですので、一般的なご家庭であると言っても差支えはないでしょう。

 

羽鳥慎一の実家での暮らしについて!どんな生い立ちだったのか


画像出典元:サンスポ

羽鳥慎一さんは、少年時代は寡黙で口数の少ない少年だったそうです。

しかし、運動神経はよかったようで小学校時代に野球をはじめ、高校卒業までを野球部員として過ごした真面目でひたむきな一面もありました。

中学の野球部ではセカンドのポジションを務め、華やかではないが重要な仕事をコツコツとこなす職人のような性格も感じられます。

これは、裕福ではないが真面目で誠実な両親に育てられた生い立ちを感じさせるエピソードでもありますね。

高校に入るとピッチャーも務め、堅実な練習が人生を切り開く片鱗を見せましたが、「自分はプロに行くレベルとは違う」という冷静な判断も下していました。

また、一浪はしますが名門の早稲田大学に入学し、野球に関係した仕事をしようという想いからアナウンサーを志すようになったといいます。

野球を土台にアナウンサーを志す部分には、自らの信念や考えを芯に据える堅実さや誠実さも垣間見られました。

実家で暮らしていたころの羽鳥慎一さんは、真面目で誠実な家庭環境で真っ直ぐに育ってきた生い立ちだったと思われますね。

 

羽鳥慎一の父親は孤独死!

羽鳥慎一さんの父親は2013年9月に孤独死をされたとのことです。

埼玉県内で一人暮らしをしていた羽鳥昭治さんでしたが、生活の中で寿命を迎えられたのですね。

その死因は心不全だったそうで、特定の持病はなかったようです。

羽鳥慎一さんは、父親の生末を心配し一緒に食事する機会を月に2~3回に増やしたといいますが、父親の死はその矢先の出来事だったといいます。

このことは単純なことではなく、現代社会の大きな問題ともなっている高齢化社会の現状を物語っていますね。

子供が既に巣立ってしまった、離婚や死別などの関係で高齢者が一人で暮らしている、といった例は少なくはありません。

そして、これからしばらくはこういったケースが増えていくと思われます。

一概には解決できるものではありませんが、行政の施策や民間の支援団体など、何らかの仕組みで少しでも改善に繋がっていくことを期待したいものです。

 

羽鳥慎一の母親も既に他界


画像出典元:芸能人の実家・家族情報.com

また、羽鳥慎一さんの母親も既に他界していました。

名前は羽鳥敏子さんというそうですが、一般人のため詳しい情報はありませんでした。

羽鳥慎一さんの母親は、羽鳥慎一さんが早稲田大学の4年生のころに亡くなったようです。

大学3年の頃には、将来の進路を「ツアーコンダクター」とも考えていた羽鳥慎一さん。

最終的には大手放送局のアナウンサーとして社会に羽ばたく自分の姿を母親に見せることができなかったことは、羽鳥慎一さんにとって非常に残念なことだったかもしれませんね。

詳細は不明ですが、母親が亡くなったのは日本テレビのアナウンサー採用が決まった直後だったようです。

子供が大学4年のころに亡くなってしまったことから推測して、50代辺りだったでしょうか。

何らかの大きな病気であった可能性も考えられますね。

 

羽鳥慎一の両親は仲が良かった


画像出典元:ENCOUNT

羽鳥慎一さんの両親は仲が良かったことが羽鳥慎一さんの口から語られています。

父親が亡くなったときに、遺品の整理をしていた羽鳥慎一さん。

その遺品の中から、父親と母親が結婚後にも手紙を書き合っていたその現物がみつかったのでした。

その中には互いの愛情や感情を表した内容だったといいます。

子供が巣立った後も、夫婦二人で旅行にいったりもしていたという羽鳥慎一さんの両親。

仲のいい夫婦は、何はなくともとても大切なものを持っているではない後思います。

記事を読んでいる方の中で、配偶者のいらっしゃる方はほんの少し相手のことを思い浮かべてみてもいいのかもしれませんね。

 

羽鳥慎一には一般人の姉がいる


画像出典元:プレジデントウーマン

また、羽鳥慎一さんには、一般人の姉が一人いるそうです。

姉は、現在は結婚され埼玉県内に住んでいるようで、父親の住んでいた実家から遠くないところに住んでいるようですね。

2018年当時は、保育園の教諭をしていたという姉は、普段から父親とも連絡を取っていたといいます。

「最近父親から連絡がないな」と気になっていた姉が、父親を訪ねたところ父親が亡くなっているのを発見したそうです。

日ごろから父親を機にかけていたからこそ発見できたのでしょう。

なお、幼稚園の教諭だという姉ですから、恐らくは教育系の学部の大学を卒業されているはずです。

このことからも、ご実家は裕福ではないまでもそれなりのご家庭であったと思われす。

今回は、羽鳥慎一さんの家族についてご紹介しました。

埼玉県上尾市の出身であることや父親と母親が仲良しであること、双方が既に他界していることなど想像も及ばないこともありました。

また、父親と母親が手紙を送り合っていることなど、心温まる実話もありましたね。

これを機会に、改めて私たち自身も家族や配偶者のことを考えてみるのもいいかもしれません。

これからも、埼玉県への愛に溢れた羽鳥慎一さんのご活躍を応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.