橋爪淳は若い頃だけでなく還暦を迎えた現在も白髪が似合いかっこいい!画像あり

Pocket

橋爪淳さんは東京都出身の俳優です。

日本大学の芸術学部映画学科を卒業後、1982年に映画「海峡」でデビューしました。

1983年に舞台「ひばりミュージカル・水仙の詩」に新人オーディションで選ばれ出演。

1990年に時代劇ドラマ「大江戸捜査網」で主演を務めています。

映画「夏への扉-キミのいる未来へ-」、大河ドラマ「徳川慶喜」、「元禄繚乱」、NHK「エール」、「小吉の女房」など数々の作品に出演されています。

現在は、俳優業だけでなくご自身の40年以上の俳優キャリアから、「非・演技塾」の講師を務め、俳優の育成に取り組まれています。

今回はそんな橋爪淳さんの若い頃や還暦を迎えた現在の姿について調査していきますよ!

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

橋爪淳の若い頃がイケメンすぎる!

hasizumezyun

出典元:東宝芸能株式会社

俳優として活動している橋爪淳さんですが、若い頃がイケメンすぎると話題になっているんです。

さっそく橋爪淳さんの若い頃の画像をチェックしていきますよ!

hasizumezyunwakaikoro

出典元:Twitter

hasizumezyunwakaikoro1

出典元:Twitter

hasizumezyunwakaikoro2

出典元:Twitter

hasizumezyunwakaikoro3

出典元:Twitter

画像を確認してみると、橋爪淳さんは若い頃から本当にイケメンですよね。

時代劇に多く出演しスターとして活動していたとのこと。

凛々しい雰囲気をお持ちなのが時代劇の役柄あっていますしかっこいいですよね!

きりっとした目元が若い頃からイケメンでかっこいいですね。

 

橋爪淳は若い頃、時代劇の主題歌を担当していた!

1987年に橋爪淳さんはは時代劇ドラマ「若大将天下ご免!」に出演し、主題歌の「風はやさしく」を担当し歌われていました。

ちなみに、「風はやさしく」の作詞作曲は、アニメ「ドラえもん」の主題歌や、時代劇「暴れん坊将軍」のシリーズの音楽も担当していた菊池俊輔さんが担当しました。

大ヒットしたドラマ「若大将天下ご免!」は新宿コマ劇場で舞台化もされ、座長も務めています。

橋爪淳さんが時代劇ドラマで主題歌を歌っていたのは意外でした!

イケメンで歌も上手となると、さぞ当時は世間から人気があったのでしょうね~。

演技から歌まで幅広く才能がある橋爪淳さんなのでしょうね!

 

橋爪淳は若い頃から数々のヒット作に出演!

hasizumezyungozira

出典元:Twitter

橋爪淳さんは若い頃から数々のヒット作に出演しています。

1982年に映画「海峡」でデビューし、映画「零戦燃ゆ」、「ゴジラVSスペースゴジラ」では主演を務めました。

さらに、橋爪淳さんは若い頃に時代劇のドラマに数多く出演し、1987年にはドラマ「若大将天下ご免!」で主演を務めています。

大河ドラマ「春日の局」、「信長-KING OF ZIPANG-」、「元禄繚」に出演しています。

さらに、ドラマ「源氏物語」、「忠臣蔵」、「水戸黄門」シリーズ、新春時代劇スペシャル「天下を獲った男 豊臣秀吉」に出演していますよ。

hasizumezyunmitokomon

出典元:Twitter

時代劇のほかには、ドラマ「火曜サスペンス劇場」、「土曜ワイド劇場」などのサスペンスドラマにも多く出演していますよ。

舞台は美空ひばりさんのコマ劇場出演20周年記念ミュージカル「水仙の詩」や、「王様と私」に出演し、「細雪」では相手役の御牧を演じられました。

 

「ウルトラマンZ」に出演した際に橋爪淳は昔の夢を実現させる

hasizumezyunurutoraman1

出典元:電ホビ

さらに、橋爪淳さんは、ドラマ「ウルトラマンZ」に出演し、昔の夢を実現されています。

整備班のリーダー、イナバ コジロー役で出演しました。

ウルトラマンZでは、登場から10周年を迎えたウルトラマンゼロの弟子で、ウルトラマンゼロに憧れて宇宙警備隊になったというヒーローです。

地球防衛軍の日本支部であるロボット部隊「ストレイジ」に所属している主人公がウルトラマンZに変身し成長していく物語とのこと。

そんなストーリーの中、橋爪淳さんはストレイジ整備班のリーダーの役柄を演じられています。

新人パイロットの主人公・ハルキが闘うセブンガーなどのロボットを整備しているとのこと。

橋爪淳さんは昭和の雰囲気を持った寡黙な役を演じています。

整備班のメンバーからは「バコさん」という名前で親しまれて信頼も厚い役どころ。

時々意外な特技を見せ、過去はあまり明かされていない役柄なのだとか。

橋爪淳さんはマネージャーからウルトラマンの映画に出演が決まった時は、ひっくり返りそうになるくらい驚かれたとのこと。

幼い時にベーターカプセルを掴んでいた橋爪淳さんは、ウルトラマンになるのが夢だったといいます。

50年かけて子供の頃の夢が叶ったことにとても喜ばれたそうですよ。

そのため、映画を通して子供たちに夢や希望や勇気を持ってもらえるように、熱く演技に向き合われているとのこと。

子供の頃の夢が実現する瞬間はとっても嬉しかったことでしょうね!

橋爪淳さんがまた新たに子供たちに夢を与えていて、次の世代へと循環しているんですね~。

 

橋爪淳は若い頃だけでなく還暦を迎えた現在も白髪が似合いかっこいい!

hasizumezyunsiraga

出典元:Twitter

橋爪淳さんが若い頃にかっこいいのは前述しましたが、還暦を迎えた現在も白髪姿が似合っていてかっこいいんです。

それではさっそく白髪姿の画像を見ていきますよ!

hasizumezyunsiraga1

出典元:Twitter

hasizumezyunsiraga2

出典元:Twitter

hasizumezyunsiraga8

出典元:Twitter

年齢を重ねて還暦を迎えても白髪姿がお似合いですし、笑顔もお似合いで素敵ですね。

個人的には、若い頃よりも雰囲気が少し柔らかくなったな~と思いますね。

若い頃の凛々しい印象もイケメンでしたが、白髪の似合う橋爪淳さんも上品でかっこいいと思いました!

ダンディで渋い雰囲気も重なってイケおじ感がかっこいいですよね~。

現在もドラマや映画などに出演し活動されていますし、今後の橋爪淳さんの活躍にも注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.