藤原大祐の父親は高収入のエリート!両親の教育方針がすごい

Pocket

俳優だけでなくシンガーソングライターの顔も持つ、若干二十歳の人気俳優、といえば藤原大祐(たいゆ)さんです。

幼少のころからピアノやヒップホップダンス、サッカーやキックボクシングと多彩な習い事の経歴もある藤原大祐さんですが、”父親も母親もすごい”という噂があります。

習い事を見るだけで”なんとなく”伝わってくる部分もありますが、今回は、藤原大祐さんの父親や母親、両親の教育方針などに迫ってみましょう。

藤原大祐の父親は高収入のエリートが濃厚で海外で活躍している可能性も

画像出典元:ガジェット通信

2019年に16歳の若さで「栄光ゼミナール」のCMでインパクトあるデビューを飾った藤原大祐さんですが、父親がすごいらしいのです。

実は、藤原大祐さんの父親は、一般人で会社の経営者ではないか、と言われています。

一般人であるため顔写真や経歴などの情報はどこにも見当たらないのですが、藤原大祐さんの発言から推測することができました。

藤原大祐さん本人は、ありインタビューで「俳優にならなければ起業していたと思う」と語っていました。

16歳でデビューした若者が答えるには、随分と視座が高い発言ですが、恐らく藤原大祐さんの”身近な環境”に「起業」を感じさせるものがあったのでしょう。

子は親の背中を見て育つ」と言いますが、このことから、藤原大祐さんの父親は”会社経営者”ではないかと見ることができます。

元々はエリートサラリーマンであった父親が、藤原大祐さんが小中学生のころに”起業”し、成功していく様に直面した可能性もありますね。

その光景を見て、「父親への憧れや尊敬」を感じ、父親から大きな影響を受けていたのではないでしょうか。

画像出典元:Dai job

また、藤原大祐さんの名前は本名だそうですが、”海外でも呼びやすい”という理由で「大祐 たいゆ」と名付けられたそうです。

海外のことまで視野に入れた視点で生きている両親と考えると、父親や母親が、仕事や留学などで海外経験もある可能性も考えられますね。

そんな両親のもとで育った藤原大祐さん自身も、オーストラリアへのホームステイ経験や、アメリカのロサンジェルスへの短期留学経験もあり、”英語は日常会話レベル”だと言います。

子供にこのような教育環境を提供できることから推測して、高い教育水準、深い教養、大きな収入のある家庭であったはずです。

また、藤原大祐さんは2歳からピアノを習っていたそうですが、かなり早いうちから習いはじめていることから、「子供の教育にもかなり力を入れている両親」であることが伺えますね。

 

藤原大祐の芸能界のきっかけは母親

画像出典元:マイナビニュース

藤原大祐さんの父親について見てきましたが、ここで母親についても目を向けてみましょう。

藤原大祐さんの母親は、なんと藤原大祐さんの”芸能界への道”を切り開いた人物でした。

ここまでの情報から、成績優秀であることがわかる藤原大祐さんですが、デビュー前に「原宿で4度もスカウトされていた」ようです。

母親にとって、成績もよく留学経験もある、ルックスもいい自慢の息子だったのでしょうね。

母親が知人に、「息子が何度もスカウトされた」と話しながら藤原大祐さんの写真を見せたことで、大きく運命が動き出しました。

その写真は、現在の事務所である「アミューズ」に知れ渡り、「レッスンに来てみないか」というオファーに繋がります。

その連絡を受けて、指定の場所に行ってみると、そこは事務所のオーディション会場だったのだとか。

画像出典元:オーディション.com

そこからアミューズに所属し、早い段階から成功を収めていく藤原大祐さん。

母親が何気なく知人に見せた写真から大きく運命が動き、将来の仕事に繋がってしまうとは、なんというシンデレラボーイぶりでしょうか。

きっと、ルックスだけではない内面から湧き上がる人間的魅力もあったのでしょうね。

その背景には、母親から授けられた信念がありました。

それは、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉で、藤原大祐さんの座右の銘になっているそうです。

この言葉は、多くの人と関わり、多くの関わりの中で生かされている、ゆえに経験を積めば積むほど関わった人の恩を受けているのだ、という素晴らしいものですよね。

若くして、このような信念を持った藤原大祐さんもさることながら、そのような言葉を息子に授けた母親も、きっと素敵な人なのでしょうね。

また、藤原大祐さんは自身の音楽のルーツは洋楽にあると語っていますが、母親がプレゼントしてくれたiPodにジャミロクワイとレディオヘッドが入っていたそうです。

そこから洋楽にハマり、音楽のバックボーンを積み重ねていったそうです。

そのような影響を受けつつ、藤原大祐さんは2023年10月に音楽でのメジャーデビューも果たしています。

藤原大祐さんの曲は、洋楽に影響を受けたダイナミックなロックテイストな編曲に、自身が築き上げてきたピアノから生まれる繊細さなどが特徴で、一聴の価値ありです。

ここでも母親の影響がはじまりにあり、芸能活動の根源は”母親にある”と言っても過言ではないのではないでしょうか。

ちなみに、藤原大祐さんには、端正な顔立ちや英語が堪能であることから「ハーフでは?」という噂もありました。

調べてみましたが、父親も母親も外国人であるという事実はなく、藤原大祐さんも含めて「純日本人」と思われます。

 

藤原大祐の両親の教育方針は「なんでも挑戦してほしい!」

画像出典元:ENCOUNT

そして、このような父親と母親には、「なんでも挑戦してほしい!」という教育方針を持っていました。

時代の変化や技術革新のスピードが格段に速くなった現代社会では、多くのことを知り「使いこなしていく」積極性や多様性が必要となります。

そういった時代背景を感じ、両親は「なんでも挑戦してほしい!」という方針を持ったのではないでしょうか。

そんな藤原大祐さんは、ピアノ、サッカー、バスケットボール、ゴルフ、キックボクシング、ヒップホップダンスなど、多くの習い事を経験し、自らの中にたくさんの知識や引き出しを作っていったのだと思います。

近年は著書執筆や社会人サロンの立ち上げ、講演活動などで注目を集めるロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも、それに近い教育方針で育ったそうです。

田村淳さんの母親は「なんでも挑戦しろ。もし合わないなら”次の挑戦”を探してほしい。次の挑戦が見つかるなら合わないものは諦めてもいい」と言われてきたといいます。

そうすることで、田村淳さんは、「様々なことにチャレンジして、多面的な知識や考え方、想像力が身についた」と講演の中で話していました。

アメリカのMLBで活躍する選手たちは、子供のころは「野球とバスケットボール」「野球とアメリカンフットボール」など複数のスポーツを経験して運動神経を磨いていた人が多い、とも聞いたことがあります。

「なんでも挑戦する」というキーワードは、”現代社会に生きる子供たちにとってとても大切”なことなのですね。

筆者も子供を持つ親として、このことは心に刻もうと思います。

このような視点を持ち、教育方針に据えた藤原大祐さんの父親や母親は、素敵な人物であり、素敵な家庭を築いているのですね。

今回は、藤原大祐さんの父親や母親、両親の教育方針などについてご紹介しました。

藤原大祐さんの両親が素敵な方であることだけでなく、お子さんのいらっしゃる方の参考になることもわかりましたね。

これからも、藤原大祐さんの活躍を応援していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.