日向亘の本名は鍛冶原日向!姓名診断結果がやばい

Pocket

10代の若手俳優なら人気ナンバー1といってもいいほどの日向亘さん。

2023年に19歳となり、いよいよ大人への階段を上りはじめ、今後に期待も高まる日向亘さんですが、名前は本名なのでしょうか?

今回は、日向亘さんの本名に注目してみたいと思います。

日向亘の本名は鍛冶原日向!


画像出典元:FAST

日向亘さんの名前を見て、「カッコいい名前」だな、と感じた方も多いのではないでしょうか。

”日向”という苗字と、比較的古風な”亘”という名前を組み合わせたこの名前ですが、実は、芸名です。

「強さ」や「クールさ」も感じられる、カッコいい芸名ですよね。

そんな日向亘さんの本名は、「鍛冶原 日向(かじはら ひゅうが)」さんです。

このことは、ウィキペディアやネット記事などでも明らかになっていますね。

「鍛冶原」という苗字をインターネットで調べた限りは、全国ではおよそ20世帯ほどなのでしょうか。

「鍛冶原」という苗字は非常にレアな苗字で日本人数件しかないらしく、山口県や兵庫県にわずかに存在しているようですね。


画像出典元:名字由来net


画像出典元:名字由来net

本名がレアな苗字であるが故、簡単に”身バレ”しないように苗字を変えたのかもしれませんし、より本人のイメージや売り出し方に合致した名前を模索したのかもしれません。

本名を使用して活動する方もいる中で、日向亘さんの場合は、元の名前の”日向”を苗字に持ってきてイメージを残しつつ、渋さや男らしさもある”亘”という名前と合わせて”日向亘”となったのですね。

これなら、今までともに歩んできた名前への愛着も残しつつ、新しいイメージもプラスされ、いい形で芸の活動のスタートが切れそうな感じです。

そして、「日向」という名前がまたカッコいい!

”本名・鍛冶原日向や日向亘”という名前は、”強い”、”かっこいい”というようなヒーロー感も感じられる素敵な名前としてファンにも受け止められているようです。

日向亘さんが事務所に入ったときには、「多くの場面で活躍し、たくさんの人に知られる存在になってほしい」「実直にひとつひとつのことに向き合って大成してほしい」という願いを込めて”亘”という字を使ったそうです。

「亘」という字には、「端から端にまで行きわたる」という意味がありますが、多くの人に知られ、その人々の心に中に留まるような大きな存在になってほしい、という事務所の期待の大きさが伺えますね。

 

ネットの声


画像出典元:X

ということで、日向亘さんの名前や本名に対してのSNSでのファンの発信を見てみましょう。

やはり”日向”という名前の持つカッコよさは誰しもが感じるもののようですね。

パッと見の印象ですが、筆者は、日向亘さんの名前を見て直感的にスポーツ選手のような印象を受けました。

「キャプテン翼」に登場した日向小次郎の影響なのかもしれませんが、スピードや切れなど、”一瞬で状況を打開する力”がありそうな印象です。


画像出典元:X

”鍛冶原”という聞きなれない苗字に対しての印象はというと、「こっちが芸名みたい」というものもありますね。

確かに、珍しい名前なだけにちょっと特別な”芸名”のような感じがします。

レアな名前ですと、芸能活動や音楽活動、ミュージシャンなどの捜索活動のために練って作られたもの、という印象もあるようですね。

これには、今後の活動の方向性を示すような名前にして自らの存在を鼓舞していくという意味があると思うのですが、例えば、一世風靡セピアで一躍有名俳優への道を駆け上がった哀川翔さんがそのひとりです。

哀川翔さんは本名を”福地家宏”といいますが、かなり普通の印象だったために、「強さ」「悪さ」「カッコよさ」を求めて”哀川翔”という芸名にした、と聞いたことがあります。

これなら「男らしく硬派」「強くてカッコいい」印象が倍増して、見た目とも相まってしっくりきます。

”鍛冶原日向”という本名は、そんな印象を持たれるケースもあるということですね。


画像出典元:X


画像出典元:X

また、シンプルに利便性や使いやすさのことを考えるファンもいます。

慣れ親しんだ”日向”が入っているので、どのような状況になっても「自分のこと」という意識にもなるため、使いやすいという観点もありますね。

本名と芸名を分けることで「キャラクターや意識を使い分けている」という方もいるでしょうし、本名をそのまま使用することで「より自分の内側から来るものを表現したい」という方もいるでしょうし、「名前」に関しての考え方は、人や事務所それぞれ、というところでしょうか。

タレントや俳優の命名は、事務所によっては、大物俳優などに命名を依頼したり、有名占い師や姓名診断士、占星術師の占いを元にしたりと、一大時のようですね。

 

日向亘を姓名診断で占ってみた!


画像出典元:姓名判断

日向亘さんの名前を姓名診断で見てみました。

結論から言うと、日向亘という芸名は大正解ということになります。


画像出典元:an an NEWS

天格という苗字から来る部分は「多難で凶」となっていました。

天格は先祖代々受け継いでくるものなので、個人の名前とは別の大きなものになりますが、ここではかなり厳しいことがわかりました。

人格で見ると「意志薄弱・失敗・病弱」が根底にある”中途挫折運が付きまとう人”となっています。

さらに、外格では「多難 大凶」と出ていて”虚しさにさいなまれる人”だそうです、なんだか、踏んだり蹴ったりですね。

しかし、最後の「亘」で分厚い雲から光が差すような大逆転が!


画像出典元:Yahoo!知恵袋

地格は大吉で「信頼 誠実 努力」と出ていて”周囲を幸せにできる人”でした。

総格では、”大器で幸せをつかむ人”で大吉となっています。

陰陽配列では”バランスの悪い配列”とされていますが、三才配置では大吉で”手堅いけれど、幸せな人生”だそうです。

役者として、俳優としての人生は大きな安定感に満ちたもののようですね。

有名な占い師の方や敏腕の姓名診断士に見てもらったのではないか、と思えるような名付けにはかなり驚きました。

 

鍛冶原日向を姓名診断で占ってみた!


画像出典元:姓名判断

次に、本名の鍛冶原日向も姓名診断で見てみました。

天格は「繊細 災難 挫折」で凶、人格は、「孤立 トラブル 不遇」で凶、”人生が急展開する波乱の人”となっています。

地格は芸名と同じですから、割愛しましが外格は「苦境 浮沈 悲運」で吉凶混合、”危険な綱渡りのような人生”です。

総格では「自滅 波乱」で”不遇から幸せになれない”、陰陽配列は”バランスの悪い配列”、三才配置は吉凶混合で”皆と歩調を合わせるのが苦手”となっていました。

これだけ見れば、「よくない名前」ということになりますね。

「この姓名診断結果はやばい!」と思った方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、名前はあくまで記号でもありますし、芸名との相殺という解釈を持てば、日向亘さんの場合は「プラスマイナスゼロ」とも取れます。

しかしながら、筆者は日向亘さんに関しては、そのようなことを気にせず突き進んでほしいと思うのです。

日向亘さんは、2023年現在、まだ19歳です。

名前やその文字が持つ力や呪縛のようなものに縛られるような年齢ではありませんし、すべてはこれからの経験次第だと思います。

人間は、名前ではなく「その人生で誰と出会い、自分が何を感じ、何をするか」でどんどん変化していくはずです。

日向亘さんは、あるインタビューで「取材相手とかにはまったく人見知りはない」という舞台根性というか大胆さや強さを感じる発言をしていました。

そんな、思いきりのいい彼なら、まだまだ人生をどの方向にでも変えていけるはずです。


画像出典元:TVLIVE

先にも紹介した「多くの場面で活躍し、たくさんの人に知られる存在になってほしい」「実直にひとつひとつのことに向き合って大成してほしい」という願いを叶えていけるのではないでしょうか。

そして、日向亘さんを応援しつつ、”姓名診断で良くない運勢だった”や”自分の名前がちょっと気に入らない”という方も、ともに前に向かって進んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.