【うなぎ屋の噂はデマ】松本若菜の実家は鳥取県米子市!実家でのルールが厳しくてやばい

Pocket

ここ数年で大ブレイクし、今話題のドラマ「復讐の未亡人」でも注目を浴びている松本若菜さん。

ドラマや映画だけ見せる視聴者を魅了する演技力だけでなく、バラエティでは着飾らない雰囲気の松本若菜さんに好感を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、松本若菜さんの気になる実家をはじめ、実家のルールが厳しかった?という噂の真相についてお届けしていきます。

松本若菜さんの実家についての情報

出典元:WEBザテレビジョン

松本若菜さんの出身地は、ここでしょ?という世間の投稿が結構ありました!

出典元:X(旧:Twitter)

出典元:X(旧:Twitter)

出典元:X(旧:Twitter)

実は、松本若菜さんは地元のPRを自身のX(旧:Twitter)で紹介していることが多いです。

彼女の紹介を見て、地元が同じ!と言う方の反応が多くありました。

そのため、実家があるのは、鳥取県米子市で間違えないと言えるでしょう。

さらに、米子市のどこら辺なのかは、出身中学校から予想しました。

松本若菜さんは、地元にある市立の中学校を卒業しています。

その中学校は、米子市立弓ヶ浜中学校でした。

こちらの学校がある所在地が、鳥取県米子市富益町になります。

つまり、松本若菜さんもその近辺にご実家がある可能性がかなり高いのです。

松本若菜さん自身、地元のP Rをしているのを知った地元民はきっと嬉しいはず!

今地元にいないという方も、地元のことが宣伝、紹介されているのを知るのは懐かしい気持ちになり、地元を思い出す機会にもなりそうですね。

 

うなぎ屋の噂はデマ

出典元:マキアオンライン

実は、松本若菜さんのご実家がうなぎ屋では?という噂があるようですが、事実なのでしょうか。

気になる噂の真相は、違いました!

松本若菜さんの実家は、うなぎ屋ではありませんでした。

では、なぜそんな情報があるのでしょうか。

松本若菜さんは、うなぎ屋とどんな関係があるのか、あるいは関連があるのか調べてみました。

すると、松本若菜さんが鳥取県から上京した際に、働いていたのが「うなぎ屋」さんだったのです!

つまり、松本若菜さんのご実家は関係ありませんでした。

彼女が下積み時代にアルバイトをしていたのが、新宿のルミネtheよしものにあるうなぎ屋さんだったのです。

松本若菜さんは、うなぎ屋でのバイトをしながら、演技のレッスンへと通っていたそうです。

そして、見事に演技レッスンでの努力が実り、初めてのオーディションに合格します。

出典元:週刊プレイボーイ

このオーディションこそが、松本若菜さんのデビュー作となる作品で2007年に放送された「仮面ライダー電王」

今となっては、俳優として知らない人はいない佐藤健さんが主演を務めていました。

若手俳優たちを多く輩出している作品といっても過言ではない、仮面ライダーシリーズ!

松本若菜さんもオーディションを経て、出演を決めていたのです。

何よりも初めてのオーディションに見事に合格するのは、簡単なことではないと感じます。

それだけ、松本若菜さんの持つ魅力が当時の監督やプロデューサーの目に留まったのではないでしょうか。

ということで、松本若菜さんの実家がうなぎ屋さんを経営しているわけではなく、上京後にアルバイトをしていたのがうなぎ屋さんだったのが噂の真相でした。

それにしても、うなぎ屋さんというのがまた松本若菜さんにピッタリな感じがしませんか。

うなぎ屋さんの制服が似合い、若女将、看板娘な印象を受けそうだなぁと感じずにはいられません。

そんな素敵な店員さんに接客された、また行きたい、美味しかったなぁとなりますね!

 

ルールが厳しかった

出典元:モデルプレス

松本若菜さんが学生だった頃、彼女の実家にはあるルールがありました。

それが、門限が19時!

今の時代ではあまり、そこまで早い門限が決められたお家はないかもしれないですよね。

しかし、松本若菜さんは学生時代の門限が19時でした。

えっ早すぎて、バイトもできなそう…と感じる方もいるのではないでしょうか。

実際に松本若菜さんも学校のある平日は、バイトをしていなかったようです。

どちらかというと「できなかった」の方が正しいのかもしれませんね。

ですが、バイトの経験がない!というわけではないです。

松本若菜さんは、土日や夏休み、冬休み、春休みなど学生だからこそある長期休暇の時には、バイトをしていました。

門限が19時という実家ルールはありましたが、家族全員が揃えば、みんなで食卓を囲むという時間を大切にしていたそうです。

これはご家族の仲の良さが感じられますね!

そして、やはりご両親としては、娘である松本若菜さんのことを考え、遅い時間まで自由にして、何かあった時に心配という気持ちも強かったのではないでしょうか。

何よりも「学生時代のルール」というのが、ご両親の我が子を守るためのルールでもあったのかなと感じました。

 

松本若菜の家族構成は5人!

出典元:美的.com

松本若菜さんには厳しめの実家ルールがありましたが、ご家族全員が揃えば一緒に食卓を囲む、仲の良い家族だったこともわかりました。

では、松本若菜さんの家族構成はどうなっているのでしょうか。

はい、松本若菜さんは5人家族でした。

父、母、姉2人に若菜さんの5人家族。

落ち着いていて綺麗な雰囲気の松本若菜さんは実は3姉妹の末っ子だったのです。

3姉妹の末っ子となると・・・きっとご両親も姉たちにも大事にさせてきたのだろうと思います。

お姉さんたちはとは、4歳と3歳差だそうです。

もちろん、ご両親やお姉さんたちの名前や詳細については、一般の方ということもあり公表されていません。

しかし、お姉さんのどちらかは化粧品関係のお仕事をされているというのはわかりました!

松本若菜さんご自身が、X(旧:Twitter)で母親の誕生日プレゼントに何を贈ろうかと悩んでいる時の心境で、姉が化粧品系の仕事をしていることを呟いていたのです。

そのため、どちらかのお姉さんは化粧品関係のお仕事のようです。

ちなみに、お姉さんたちは芸能の世界に入りたいという妹を応援していたそうです。

きっと今も1番のファンであり、理解者であるのはご家族なのだろうと感じ図にはいられませんでした。

 

父親は大工で厳しかった

出典元:スポニチ

3姉妹の末っ子として、生まれた松本若菜さん。

なんと松本若菜さんのお父さんは大工をしており、かなり厳しい方だと噂が!

勝手なイメージですが、大工さんは厳格な方が多いように感じます。

松本若菜さんのお父さんはどんな方なのでしょうか。

実は、お父さんが大工さんであるという情報は、松本若菜さん自身が過去に出演した番組で話していたことです。

それ以外の名前や年齢等の詳細はありませんが、やはり仕事柄厳しい一面もあったようです。

しかし、それも3姉妹の父親であることも大きいように感じました。

松本若菜さんが2022年に出演したテレビ番組「情熱大陸」に出演した際のエピソードがあります。

3年ぶりに実家に帰省した松本若菜さんとご両親が一緒に食事をする場面もありました。

出典元:X(旧:Twitter)

デビュー当時は反対していたお父さんでしたが、今では娘に成功して欲しいという願いを胸に抱いているのが伝わってきます。

何よりも厳しい言葉の中に感じる優しさに、娘を思う気持ちが感じられました。

また、素敵だなぁと思ったのが、お父さんが定期的に「戻るなら今だぞ」と娘にかけている言葉。

厳しい言葉にも捉えられますが、どちらかという娘に困っていたら、辞めたくなったら、いつでも戻ってきていい、と遠回しに伝えているのではないかと思いました!

これは、松本若菜さん自身にも厳しい言葉に隠された思いを感じているはずです。

だからこそ「厳しい」と言いつつも、お父さんの思いや応援は伝わっているに違いないと思います。

 

母親のおかげで芸能界を辞めずに済んだ

出典元:Smart FLASH

思わず、本当に?と口にしてしまいそうですが、実は下積み時代が長かった松本若菜さん。

実は、過去に芸能界を辞めようと思っていた時期もあったようです。

なぜ、そう考えていたのか、どうして現在も女優を続けようと決めたのでしょうか。

松本若菜さんが芸能界を辞めようと考えていたのは、32歳の時です。

しかし、彼女を思いとどませたのは他でもない、お母さんでした。

松本若菜さん自身、辞めずにいるのはお母さんのおかげだと語っています。

今でこそ、ブレイクして数多くの作品に出演している松本若菜さんですが、ブレイク前の下積み時代で32歳だった時、芸能界を辞めようと考えている気持ちをお母さんに伝えたそうです。

きっとこの時、理由や自分の気持ちを伝える覚悟もあった松本若菜さん。

しかし、娘の思いを聞いたお母さんがかけたことは「わかった」という一言だけでした。

お母さんのわかった」という一言に、理由を聞くこともなく、1番応援してくれていた母に自分は何を伝えているのだろう、と感じ涙が溢れたそうです。

そして、このお母さんとのやりとりで「もう一回、頑張ろう!」という気持ちにさせてくれたそうです。

出典元:X(旧:Twitter)

自分のことをわかってくれている1番身近で頼れる、応援してくれている存在のお母さん。

そのお母さんが自分を思い、何も言わずに決断を受け入れようとする思いが、松本若菜さんの気持ちを奮い立たせたのだと感じました。

このエピソードから、日頃からお母さんとの関係性が良いこと、松本若菜さんにとってどれだけお母さんをはじめ家族の存在が大切なのかが伝わってきます。

何かを頑張っている時、応援してくれる人、支えてくれる人の存在の大きさが伝わってくるエピソードだなぁと思いました!

 

芸能界入りの時の両親の反応

出典元:FOD-フジテレビ

松本若菜さんがご両親だけでなく、姉妹にも応援されて芸能活動を続けてきたのはわかりましたが、芸能界入り当初のご両親の反応はどうだったのでしょう。

実は、松本若菜さんは高校一年生の時に地元で女優・奈美悦子さんに遭遇します!

松本若菜さんは、憧れの人だった奈美悦子さんに思わず、駆け寄り握手をしてもたったとそうです。

その時に雑談をしていると、奈美悦子さんとお連れの人に「ウチに来ないか?」とスカウトされたのは始まりでした!

実はこのお連れの人は、芸能事務所「オフィスウォーカー」の社長でした。

スカウトに喜び、ご両親もバイト感覚の認識をしていたそうですが、徐々に本格的な話へと進む中で、松本若菜さんは不安が大きくなり、結局辞退したのです。

それから数年後の、22歳の時に自分の可能性や世界を広げたいと、芸能界に入る決意します!

松本若菜さんは、高校卒業後は地元の化粧品会社に勤めていました。

一般企業に勤めてからの芸能界入り、という経歴に驚いた方もいるのではないでしょうか。

それと同時に、彼女の決意と行動力の凄さには「すごい!」と思いませんか。

出典元:スポニチ

実は、スカウトされた翌年、鳥取県では大きな地震がありました。

この地震があった時に、彼女とご家族を気遣って「オフィスウォーカー」の社長さんは手紙を送っていました。

松本若菜さんは、社長の誠実さに心を強く打たれていました。

だからこそ、スカウトから6年後という月日が流れていましたが、連絡をしたのでしょう。

松本若菜さんから連絡を受けた社長は、彼女のことを覚えており、東京で面談をします。

社長との面談を終えて、さらに芸能界に入ることを強く決めた松本若菜さん。

その日のうちに東京の不動産へ行き、部屋を契約したのです!

ここまで決断した彼女に残るは、ご両親の説得のみでした。

しかし学生の時とは違い、猛反対したご両親。

出典元:デイリー

芸能の世界で食べられるようになるのは簡単なことではない、学生時代のバイト感覚と思っていただけに、ご両親を説得するのに何日もかかりました。

ご両親も最後は、娘の強い意志に根気負けしたともいえる、「そこまで言うのであれば」という形で許可したそうです。

そして、この時長女である姉は結婚していましたが、次女である姉が「自分が婿を取るから、好きに生きなさい」と言ってくれたことが、松本若菜さんの背中をさらに押してくれたようです。

上京の1年後に、芸能界デビューした松本若菜さん。

ブレイクまでの道のりは長かったですが、そこにはご家族の応援と支えがあったこそ、頑張れたのだと思いました。

そして、今もなお仲良いご家族が誰よりも応援してくれていることが、パワーとなっているのでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.