緒形直人(緒方直人)の 嫁の仙道敦子が芸能活動を23年間休止した本当の理由がやばい

Pocket

二世俳優の走りのような存在で、現在では俳優として独自のポジションを確立した緒形直人さん。

偉大なる名優、父・緒形拳さんの背中を見て役者になった緒形直人さんですが、若い頃から独特の渋さや奥深さがありました。

故に、息の長い役者人生を送るのではないか、と感じていた筆者の期待を見事に叶えてくれた緒形直人さんですが、今回は緒形直人さんの「嫁」について見てみましょう。

緒形直人(緒方直人)の 嫁の仙道敦子について


画像出典元:KEN-ON

緒形直人さんの嫁は、仙道敦子さんといい、トレンディ女優として、かつては多くのドラマや映画、CMで活躍した方です。

憂いを帯びたような大きな瞳が印象的で、見る者の心を揺さぶり、抱きしめたくなるような表情が魅力だった仙道敦子さん。

筆者は、緒形直人さんとの結婚を通学前の”朝の情報番組「やじうまワイド」”で知り、いち仙道敦子ファンとして大きな大きな衝撃を受けたことを、今でもはっきりと覚えています。

当時、かなり仙道敦子さんのファンだったのでしょうね、あまりの衝撃に筆者は、その日の学校に遅刻しました。

仙道敦子さんは、実は子役から芸能界で活躍しており、泉ピン子さんの出世作であるNHK朝の連続テレビ小説「おしん」にも出演していた”実力派の名子役”だったのです。

子役の年齢を過ぎてからも、表情豊かなしっとりとした演技でドラマでも大活躍していた仙道敦子さんは、人気も高く、ファンや視聴者の間では当時人気のあったタレントの”千堂あきほ”さんと合わせて、「どっちの”せんどう”派?」との話題が上がるほど、広い層から人気を得ていましたね。

緒形直人さんとの結婚前は数多くのドラマに出演しており、当時、小学生高学年~中学生だった筆者は「仙道敦子と結婚したい」思っていたほど、輝いた存在でした。

 

2歳下の女優で趣味はものづくり!ウォーキングが日課

緒形直人さんは、1967年生まれで2024年現在56歳。

仙道敦子さんは、1969年生まれで2024年現在、54歳で緒形直人さんよりは2歳年下となります。

11歳ごろから子役としてドラマやCMなどで活躍しながら学生時代を過ごした仙道敦子さんは、東京都の都立代々木高校を卒業しました。

結婚後は女優業を休業し家庭に入り、偶然出会ったママ友の影響で”ミシン”にハマり、衣類や小物などの”ものづくり”が趣味になったそうです。

女優として映画やドラマを”造る”仕事をされていただけに、クリエイティブな行為には、興味や想い入れ、表現欲のようなものがあったのでしょうね。

また、”体力づくり”の一環で始めたとい”ウォーキング”は、今では”日課”と呼べるまでに定着したそうです。

ほかには、健康管理のサプリメント活用やスキンケアなども、彼女独自の視点でセレクトし、毎日丁寧に積み重ねているとう情報もありました。

家庭を守ること、ミシン、ウォーキングなどを含めて、仙道敦子さんは、”物事を着実に積み上げていく”ことができるタイプなのですね。

 

家庭中心の生活にするため芸能活動を23年間休止!


画像出典元:くらしの手帖Web

仙道敦子さんは、緒形直人さんとの結婚後に”家庭を守る”ことを優先し、自らの役割としてきました。

結果として、23年間という長きに渡って芸能活動を休止していたことになります。

活動休止期間が長いと「何かあって干されたの?」という見方や噂が出てきますよね。

しかし、仙道敦子さんの場合は、自らの意志で家庭に入ったのです。

役割を果たしている間に、「気が付けば23年経っていた」というのが正しい見方なのでしょう。

緒形直人さんが意外と亭主関白なのかもしれませんし、仙道敦子さんが”奥ゆかしい古き良き日本女性”の一面を持っていたのかもしれませんが、母親として家庭を守る選択をした仙道敦子さんには、尊敬の念を抱きました。

そうやって、人間としての深みを培ってきた仙道敦子さんは、2023年には女優復帰を果たし、現在では「引っ張りだこ状態」だそうです。

このブランクを全く感じさせない「仙道敦子さんの需要と供給」、素晴らしすぎます。

 

中村由真のブログではツーショット写真が掲載されたことも

母親としてしっかりと家庭を守ってきた仙道敦子さん。

女優仲間の中村由真さんとは親友と呼び合う間柄ですが、仲間内では”一番の新米ママ”である中村由真さんにとって仙道敦子さんは”心強い先輩ママ”でもあったようです。

中村由真さんの2012年のブログでは、二人のツーショット写真とともに、「先輩ママたちとバイバイするのがいやだ!」というほど楽しい時間を過ごしたことをアップしていました。


画像出典元:Ameba ブログ

同ブログによると、この日はご主人の緒形直人さんや息子さんも一緒に家族三人で中村由真さんやそのお子さんを訪ねたようです。

親友と呼び合う二人の交流は、2015年(以下上段)や2017年(以下下段)にも中村由真さんのブログに記されており、”のんちゃん(仙道敦子さん)とは16歳からの付き合い”、”話したりない”、”想いがあふれて泣きそう”とも綴られていました。

そして、そこに写る仙道敦子さんと中村由真さんの”美しさ”や”気位の高さ”にも驚きますね。

こういった女優としての自己管理や自己研鑽が、仙道敦子さんの女優復帰とその後の「引っ張りだこ状態」に繋がるのではないでしょうか。


画像出典元:Ameba ブログ


画像出典元:Ameba ブログ

”家族ぐるみで付き合える仕事仲間であり親友がいる”仙道敦子さんと中村由真さんは、厚みのある素敵な人生を歩んでいるのですね。

若い頃には気が付きませんでしたが、年齢を重ね、家庭を持ったときに「人は支え合って生きているのだなぁ」と気づかされる機会が増えていきます。

人と人との繋がりを大切に積み上げていくことは、”よりよい人生”の大切な要素なのかもしれません。

 

緒形直人(緒方直人)と嫁・仙道敦子の馴れ初めから結婚までの経緯について


画像出典元:日刊スポーツ

緒形直人さんと仙道敦子さんは1993年に結婚されましたが、ここでは、二人の馴れ初めを見ていきましょう。

二人の出会いは、1991年の松本清張さんの作家活動40周年記念ドラマ「西郷札」での初共演でした。

”互いに恋心を抱いた義兄妹役”というダブル主演で共演した二人は、リハーサルや台本の読み合わせ、撮影やその待ち時間と、多くの時間を一緒に過ごしたのだと思います。

そうした時間の中で意気投合して、交際に発展していったのでしょうね。


画像出典元:テレ朝POST

後に、「徹子の部屋」に出演した仙道敦子さんは、「割とすぐ打ち解けた」「普通の感覚を持っている緒形直人さんを似ている部分が多いと感じた」などの印象を語りました。

「近しい価値観」が二人の距離を縮め、2年間の交際を経て二人は1993年に結婚。

幼いころから芸能界で仕事をしてきた仙道敦子さん、両親が俳優で芸能一家で育った緒形直人さんには、”二人にのみ通じる近しい空気感”のような共通項があったのではなか、と思います。

また、長きに渡って芸能活動をされていた仙道敦子さんは、緒形直人さんの父である緒形拳さんとも面識があり、授賞式などの仕事場で幾度も顔を合わせていたそうです。

そのため、仙道敦子さんが結婚の挨拶に訪れた際には、緒形拳さんは”「キミと息子が…」と驚きつつもとても喜んだ”そうです。

息子の伴侶が”以前から知っている女性”であったことに大きな安心感を抱いたのではないかと思います。

全く知らない女性が来るよりは、”同じ業界”で何度も顔を合わせている面識のある女性が来た方が、当然ながら親として安心なのでしょうね。


画像出典元:緒形事務所

泣く子も黙る昭和の名優・緒形拳さんも”人の子”だと感じる、ちょっとほっこりするエピソードでした。

 

緒形直人(緒方直人)と嫁・仙道敦子の子供は3人!長男・敦くんは芸能界へ!

そんな緒形直人さんと仙道敦子さんは、今でも安定感のある家庭を築かれているようです。

緒形直人さんと仙道敦子さんとの間には、お子さんが3人いらっしゃいます。

1996年には長男が誕生し、2000年には次男が誕生、2006年には長女が誕生し、一番上のお子さんと一番下のお子さんで10歳の年齢差のあるにぎやかなご家庭のようですね。

長男である緒形敦さんは、俳優の道に進み、2017年には19歳で俳優デビューを果たし、現在は27歳(2024年1月現在)。


画像出典元:週刊女性PRIME


画像出典元:スポニチアネックス

緒形直人さん、仙道敦子さんの結婚会見の時の写真と、緒形敦さんの最近の写真を見比べてみると、目の形や鼻すじは仙道敦子さん、輪郭や凛々しい眉毛、耳の形は、緒形直人さんに似ているように感じます。

よく見ると両親どちらにも似ていて、あくまで想像ではありますが「仲の良い家庭で両親にしっかり育てられた」ような顔立ちに見えますね。

サッカーやサーフィンとスポーツが得意な緒形敦さんですから、今後はアクションやスポーティな役どころにも期待したいです。

また、次男の緒形りょうさんは2024年1月現在22歳、モデルの道に進み、俳優としての一面も見せていますね。


画像出典元:スポーツ報知

緒形りょうさんは、自身のInstagramで、仙道敦子さんとのツーショット写真を公開していましたが、表情や口元、雰囲気が”仙道敦子さんそっくり”といった感じです。

モデルなだけあってスタイル抜群でお洒落な雰囲気が素敵な緒形りょうさん、余貴美子さんのような奥行きのある年齢の重ね方をした仙道敦子さん。

この素敵な写真からは、家族仲の良さが伝わってくるようですね。

22歳の息子が、母親と外出し、肩を組んで写真を撮るというのは、”よほど仲がよく、素直に育っていないとできないこと”ではないかと思います。

読者の男性の皆さんは、ご自身が22歳のときに母親とこのような写真が撮れたでしょうか、少なくとも筆者は難しいものでした。

そんな感性の息子が育つ緒形家は、きっと安定感と安心感のある仲のいい家庭なのでしょう。

それが、仙道敦子さんが”23年間活動を休止した結果”なのだと思います。

さて、今回は、緒形直人さんの嫁である仙道敦子さんについて、二人の結婚までの経緯、二人の子供について見てきました。

仙道敦子さんも女優復帰し、二人の息子も芸能の仕事をするという緒形直人さん一家から、今後も目が離せそうにありませんね。

これからも、緒形家に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.