泉澤祐希の兄がgreeeenのキセキのMVに出演していた!子役を志したのは兄の影響!

Pocket

泉澤祐希さんは千葉県出身の俳優で、子役として芸能活動を始め、高い演技力に定評があります。

2010年にドラマ「モテキ」では主演の森山未來さんの若い頃の役を演じ人気を得ました。

6歳で子役デビューし、映画「サバイバルファミリー」、「マスカレード・ホテル」などに出演。

また、ドラマ「表参道高校合唱部」、「モテキ」やNHK「西郷どん」、「マッサン」などに出演しています。

今回はそんな泉澤祐希さんの兄について迫っていきます。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

泉澤祐希の兄がgreeeenのキセキのMVに出演していた

出典元:ザテレビジョン

そんな泉澤祐希さん兄がなんとgreeeenのキセキのMVに出演していたのです。

greeeenのキセキと言えば、ドラマ「ROOKIES」の主題歌としても当時かなり流行しましたよね。

MVに出演していたので、兄も弟の泉澤祐希さんと同じく俳優や芸能活動をしていたのでしょうか?

泉澤祐希さんはgreeeenの「テトテとテントテンwith witheeeen」のMVに出演しています。

爽やかな泉澤祐希さんの雰囲気と曲がとても合っていますよ。

その時に、ご自身のSNSで、「兄もgreeeenのMVに出演している」と発言しています。

この発言はネット上でかなり話題になったそうですよ。

出典元:X

泉澤祐希さんは、兄弟でgreeeenのMVに出演できてとても嬉しかったとのこと。

自分の好きなアーティストのMVに兄弟で出演できたら喜ばしい出来事ですものね。

また泉澤祐希さんは、それまで兄が俳優活動をしていた件を一切語っていませんでした。

兄のことは公にせずミステリアスにしていたので、この発言にはびっくりですね!

そのため、ファンの方は泉澤祐希さんの兄のMV出演発言にはかなり驚かれたそうですよ。

兄弟でgreeeenのMVに出演しているので、何かgreeeenと関係が深いのではないかとも噂されるように。

深い関係性があるかどうかは不明ですが、繋がりがあるのは確かですよね!

しかし、このgreeeenのキセキMVには、エキストラと思われる沢山の方々が出演しています。

greeeenは顔出しをしないアーティストなので、エキストラの出演が多かったのだと思われますよね。

ですが、MVをチェックしたところ、泉澤祐希さんの兄らしい人物は登場しますが、どの人物までは特定できませんでした。

出典元:Youtube

ROOKIESは学園モノドラマでしたので、野球や学校での撮影が多く、かなりの学生が出演しているのです。

もちろん、男子生徒も多数出演しています。

この中のどれかが泉澤祐希さんの兄なのは確かなんですよね。

泉澤祐希さんの兄の年齢を、MV発表の年代から逆算してみましょう。

キセキのMVは2010年に発表されました。

2010年の時に高校生の役を演じられるということは、15歳~19歳ぐらいなのが推測されます。

2024年現在、泉澤祐希さんの年齢は30歳なので、2010年は16歳。

過去に、泉澤祐希さんは、兄と一緒に写った写真をSNSに投稿していました。

出典元:X

子供の頃の写真ですが、二人の年齢差は3~4歳くらいでしょうか。

そのため、2017年の時点で、泉澤祐希さんの兄の年齢は20歳ぐらいということになります。

2024年現在は34歳くらいになるのが予想されますね。

 

泉澤祐希の兄は元子役だが、現在は一般人

出典元:ザテレビジョン

泉澤祐希さんの兄は元子役ですが、現在は一般人になります。

一般人のため、兄の名前や顔は公開されていません。

子役時代の画像や情報を調査してみましたが、情報はありませんでした。

しかし、子供番組やドラマなどに出演していたのが予想されますね。

演技経験がありますので、それを活かして演出関係やテレビの制作側の仕事をされているのかもしれませんね。

泉澤祐希さんの兄は現在は一般人として、芸能活動はしていません。

ですが、子供時代の写真から、泉澤祐希さんと同じくイケメンなのが予想されますよね。

きっとカットモデルのお仕事なんかもしていそうですね。

 

泉澤祐希が子役を志したのは兄の影響

出典元:スポーツ報知

泉澤祐希さんが子役を志したのは兄の影響でした。

6歳の時に、NHK連続テレビ小説の「すずらん」に出演。

当時すでに兄が子役をしていたので、撮影現場に一緒に連れて行ってもらい、子役として活動するようになったといいます。

兄が子役をしていると、撮影現場で馴染みやすいですしあまり緊張しなさそうですね。

俳優をしたい!という明確な決意よりは、自然な流れで俳優として活動していくようになったそうですよ。

末っ子って子供の頃は長子の真似をしたい頃でもありますからね。

泉澤祐希さんは、子供の頃は忍者の格好をして遊び回るような活発な子供だったとのこと。

木に登ったり手裏剣を投げたりしていたそうですよ。

小さい時になりたい者も忍者だったのだとか。

それだけ身体を動かすのが好きな、運動神経の良い子供だったのがうかがえますね。

人前で何かを表現するのも天性の才能があったのでしょうね!

さらに、泉澤祐希さんは子役時代には「天才」と言われていました。

子役時代に、泉澤祐希さんはドラマ「砂時計」や「白夜行」に出演。

山田孝之さんが主演を演じていたドラマですが、泉澤祐希さんはその幼少期の役を演じていました。

ヒロインの綾瀬はるかさんの幼少期を演じられた女優の福田麻由子さんとの息もぴったり合っていましたよ。

そのため、ドラマでの演技力が話題になり、「天才子役が現れた!」とニュースに。

泉澤祐希さんのデビューのきっかけは兄が元々子役をしていた影響です。

ですが、本人は前に出て目立ちたいという性格ではなく、テレビ関連の仕事に関心を持ち、現在まで俳優業を続けられているそうですよ。

ちなみに、泉澤祐希さんは天才子役として名をとどろかせましたが、中学生や高校生の時は芸能活動を控えていたそう。

一旦、芸能活動から距離をとることで、子役時代と今後の俳優業にラインを引こうとしていたのかもしれません。

これからの泉澤祐希さんの俳優活動にも注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.