光石研の妻は一般人!結婚と同時の不遇時代で経験した極貧生活がヤバイ

Pocket

「父親になってほしい俳優」と聞かれれば、光石研さんと答える方が圧倒的ではないでしょうか。

そう思わせるほど、最近では多くのドラマで”子供を想い全身全霊で生きる父親”のイメージが定着した光石研さんです。

もちろん、父親役以外にも人間味に溢れる役どころで、ドラマや映画の品質や深みを醸し出している光石研さんの「私生活」はどうなのでしょうか。

今回は、光石研さんの妻、結婚などにスポットを当ててみたいと思います。

光石研の妻は一般人!現在は専業主婦

1961年9月26日生まれで、2024年1月現在で62歳を迎えた光石研さん。

実際の年齢的にもそうですが、「成人年齢あたりの子供を大切にする父親役のイメージ」の強い光石研さんですが、プライベートでは結婚されているのでしょうか。

調べてみると、光石研さんの妻は一般人の方でした。

光石研さんの妻は現在は専業主婦のようですが、結婚したころは「俳優という職業の不規則さに戸惑っていた」と語っていたそうです。

このコメントから考えて、光石研さんの妻は、一般企業に勤めていて、恐らくは”完全週休二日で土日祝日休み”という生活スタイルだったのではないかと思います。

俳優という職業は、「撮影や舞台で頻繁に家を空ける」、「撮影時間の延長や天気などの待ち時間などで決まった時間に収まることは稀」、「打ち合わせや打ち上げなど急な予定も多い」、「仮に家にいたとしても台本の確認や役作りのための作業もある」というケースが多いでしょう。

決まったリズムで生活している企業勤めの方にとっては、”生活時間や帰宅時間、休日が読みづらく、極めて不規則”と感じてしまうのも無理はありませんね。

このような状況をうまく理解できないと、”すれ違い”や”価値観の相違”などに繋がるケースもあり得ます。

しかし、光石研さんと妻は、現在も婚姻関係にあるそうですから、「妻の理解やサポート、距離感がしっかりと確立している」のではないでしょうか。

企業勤めという規則的な環境から、パートや契約社員などのややフレキシブルな環境への転換や、光石研さんの俳優業の成功に合わせて専業主婦になったなどのアジャストがあったものと思われます。

家庭の中で夫婦がお互いのことを観察しながら、”適切な距離感を保つ”ことは、家庭円満にいおいて非常に大切な要素です。

光石研さん、光石研さんの妻、”双方の努力や思いやり、気遣いがあったからこそ今がある”のだと思います。

ドラマや映画の中で光石研さんが見せる「誠実さや深い愛情、実直さ」は、”素の光石研”なのかもしれませんね。

筆者も、こういった部分は改めて、見つめ直したいものです。

 

光石研と妻の馴れ初めは友人の紹介

そんな光石研さんと妻の馴れ初めを見てみましょう。

二人の馴れ初めは、「友人の紹介」だったそうです。

出会ったころには、光石研さんがすでに地元である福岡県から上京していたそうなので、「俳優 光石研」として紹介されたのでしょう。

となると、”俳優仲間”や”舞台やテレビ関連のスタッフ”などの紹介、”福岡から就職や進学で状況した友人”からの紹介のケースが考えられそうです。

いずれのケースにしても、当時の光石研さんは”花開く前の役者”でした。

「2時間ドラマの小さな役」などで実力を蓄える時期であったため、安定した仕事や大きな仕事もなく、「時間的なゆとりと金銭的なゆとりが反比例するような状態」だったのではないかと思います。

仕事がない役者は、当然ながらアルバイトなどで生計を立てていますので、売れっ子役者と比べると「時間的には多少規則的」だったかもしれません。

先に紹介した「俳優という職業の不規則さに戸惑っていた」という妻の言葉ですが、光石研さんの仕事の状況によって”時期ごとに違う不規則さ”を感じていたのでしょう。

売れる前は、「急に決まる仕事による不規則さ」であり、売れっ子役者になると「安定した仕事がもたらす慢性的な不規則さ」といったところかもしれませんね。

 

結婚と同時期に不遇時代に突入し極貧生活!光石研は妻と横浜市の港北ニュータウンから下北沢へ!

そんな二人の新婚生活についても調べてみたいと思います。

当時は、”花開く前の役者”だった光石研さんですから、安定してそれなりの収入を生み出すことは難しかったそうです。

調べてみると、光石研さんは29歳のころに妻と結婚していました。

結婚前は「2時間ドラマの小役や、先輩や同僚とのバーターでの出演で何とか稼げていた」という光石研さんでしたが、年齢的にも「作品の中で影響力をもたらす風貌や立ち位置」に差し掛かり、結婚したころには”役者としての過渡期”にいのでしょう。

事務所の先輩であった「名優・緒形拳さんのバーターで若手役」として手にしていた仕事も、29歳になる頃には”若手と呼ぶには年齢的に…”となってしまい、次なる役者としての方向性を模索していたのだと思います。

そのため、”俳優・光石研としての個性や売り”が出来上がる前だったようで、仕事が激減し、新婚なのに極貧生活に突入してしまったそうです。

当時を振り返った光石研さんは、「事務所にお金を借りたり、奥さんに働いてもらったり…」と語っていました。

30代後半近くまでは不遇の時代を過ごした光石研さんは、当時、横浜市の港北ニュータウンに住んでいたそうです。

しかし、環境を変えて東京都世田谷区にある”サブカルチャーの発信地としても有名な下北沢”に引っ越したことが転機となり、徐々に仕事が増えていったのでした。

 

極貧生活でも文句は1つもなし!今の自分があるのは妻のおかげと感謝

結婚してからの数年間は、仕事も少なく、妻には苦労をかけてしまったという光石研さん。

しかし、そんな光石研さんに対して、妻は”文句1つもなし”だったというのです。

当時、光石研さんの妻は「会社員として安定した収入」で生活を支えたそうで、光石研さん曰く「妻がいなかったら今の自分はいない」というほどの感謝を寄せていました。

「妻には頭が上がらない」とも語る光石研さん、謙虚な姿勢には心が洗われます。

俳優の武田鉄矢さんも売れない時代に妻に救われたそうですが、レコードが売れない極貧時代に妻が「今は坂の一番下、ここから上がっていくしかない!」と言って武田鉄矢さんを鼓舞したそうです。

”昭和の考え方”と言えばそれまでかもしれませんが、光石研さんの妻も、武田鉄矢さんの妻も、「苦しいときを二人で乗り越えよう」という気概が素晴らしいと思いました。

「わがままや贅沢を言わず、”自分ができることに邁進する”という強さ」、将来の見えずらい今を生きる我々にこそ必要な姿勢かもしれませんね。

このような経験や感情が、光石研さんの持つ”俳優としての深い愛情や優しさ”に繋がっていったのではないでしょうか。

 

光石研と妻の間に子供はいない

”良き父親”のイメージが強い光石研さんと妻の間には、子供はいるのでしょうか?

調べてみると、二人の間に子供はいないようです。

最近では、「六本木クラス」で竹内涼真さんの父親役を演じていましたので、「息子がいてもおかしくない」という印象もありました。

余談ですが、同ドラマの撮影が行われていた東京都多摩市の現場に偶然居合わせた筆者は、光石研さんと竹内涼真さんが挨拶を交わす様子を目撃ましたが、二人の役柄そのままのような雰囲気に、「本当に親子みたいだなぁ」と思った記憶があります。

竹内涼真さんは、自身のInstagramにこの写真を「父さん」と題してアップしていました。
画像出典元:Instagram

そのような配役が定着しているため、「光石研さんには息子がいる」という噂が一般化しそうな時期もありましたが、調べた限りは、子供がいる事実を裏付けるものは出てきませんでした。

光石研さんが俳優として安定した仕事を獲得しはじめたのは、30代後半のころ。

それまでは、妻が会社員として働くことで生活が成り立っていたことから考えて、子供のいる生活設計が難しかったのでしょう。

また、当時は「30代前半~中盤ごろまでに出産するのが当たり前」という考え方でした。

妻が働いて生活を支えていた時期が、当時の”妊娠や出産の適齢期”に重なってしまったということもあると思います。

現在のように、30代後半や40代でも出産する女性が増えてきた時代であれば、「光石研さんに子供がいた」かもしれませんが、そういう時代ではなかったのですね。

その代わり、ということもありませんが、光石研さんは、妻と夜に”晩酌”をして色々な会話を楽しんでいるそうです。

性別の垣根がなくなり多様化した現代。

子供を産み、育てることだけが結婚ではありませんし、結婚したからといって子供を産まなければならないわけでもありません。

夫婦が人生のパートナーとして、心が通い合い、豊かな時間を送ることができるのであれば、光石研さんと妻のような関係性も「あるべき姿のひとつ」なのだと思います。

 

光石研と妻の自宅が豪華!


画像出典元:Instagram

妻とは仲の良い光石研さんですが、実は、「自宅が豪華」であることも有名なようです。

こちらの写真は、メディアの取材が来た時の様子を光石研さん自身が、Instagramにアップしたものです。

見てください、このお洒落なログハウス風の内装、何かのショップや飲食店のようだと思いませんか。

レコードがびっしりと置かれていて、まるで「知る人ぞ知る”隠れ家レコードショップ”とそのオーナー」のような雰囲気ですね。

しかも、この内装は光石研さん自身が手掛けたものだそうです。

セレクトショップであるBEAMSの店内を参考にしたそうで、東京都内のあるマンションの1・2階の部屋を買い取り、大胆なリノベーションをしたのだとか。

 

一部は、1階と2階をぶち抜いて”吹き抜け”のような空間もあしらったといいます。

また、バースペースのような「くつろぎ空間」も設置されているようで、都内近隣に住む役者仲間や業界関係者などを招いてパーティを開いたりしているそうです。

「妻との晩酌」と書きましたが、ここで夫婦の時間を楽しんでいるのでしょうか。

気楽で肩肘を張らないカジュアルファッションがとてもお洒落な光石研さんは、空間デザインやアートなセンスもあるのですね。

プロ野球の名選手であり、名監督でもある故・野村克也氏は言いました。

「若い時に苦労して汗を流さないと、晩年になって悔し涙を流すことになる」と。

若かった不遇時代に、極貧生活で妻にも苦労をかけた光石研さんは、苦労を厭わず汗を流し、素敵な人生を手に入れたのですね。

今回は、光石研さんの妻、結婚、不遇時代、現在の自宅などをご紹介しました。

筆者も、焦らず腐らず汗を流して、光石研さんのような”自分らしい人生”を作っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.