冨永愛の生い立ちが壮絶!スーパーモデルの原点がやばい!

Pocket

圧倒的な存在感を放つスーパーモデル富永愛。日本とパリを拠点に、今だランウェイでその堂々としたウォーキングを披露している。

そんな彼女がモデルとして活動し始めたのは17歳であり、翌年の18歳にはパリコレに出場している。

一見順風に見える冨永愛の人生には、想像を絶する苦労があった。

今回はそんな冨永愛の生い立ちについて紹介していく。

冨永愛の生い立ちについて

冨永愛がモデルとして活動し始めたのは17歳のころ。単身ニューヨークへ渡米。

外国人のモデルと並んでも全く見劣りしない抜群のプロポーション、アジア人らしいエキゾチックな顔立ちで瞬く間にトップモデルへと上りつめ数々の有名なショーに出演した。

一見順風に見える冨永愛の人生には、想像を絶する苦労があったのだ。

 

幼少期は貧乏!ネグレクトな母親

出典:https://www.mercari.com/jp/

富永愛の初の自叙伝『Ai 愛なんて大っ嫌い』「殺○てやる」・・・。衝撃的な言葉が本のカバーを飾っていた。

富永愛の母親は、結婚・離婚を繰り返しており、家は常に貧困に悩まされていた。

冨永愛は3人姉妹だが、父親は全員違う。また、家には常に知らない男性が入れ替わり出入りしているという異常な家庭だった。

さらに、富永愛の母親はネグレクト、いわゆる育児放棄を子供にするひどい母親だった。

学校でいじめにあっていると娘が相談しても知らんぷり。

母親を呼んでも無視。

そもそも家にはほとんどいなく、たまに帰って来るときは酔っていた。

そんな母親に対して絶望を抱き、幼い彼女はどんどん追い詰められていった。

そして母親を憎しみながらも、母親に従うしか生きる術のない幼い冨永愛。

どんどん孤独感を深めていき、、「本当のわたし”は、誰にも見せない、誰にも知らせられない、と思うようになった」と自叙伝で綴っている。

ネグレクトされた子供は他人とコミュニケーションを取ることが苦手。

必然的に引っ込み思案で無口であることが多い。

故に冨永愛のように1人を好む。

友達と群れるのがあんまり好きじゃなくて、近所の山の中で、一人で遊ぶのが好きだったんですよね。

引用: https://forbesjapan.com/

また、親に無視されることで自分はいらない人間で価値がないと無意識に感じていて、自分に自信を持つことが出来ず、他人との距離感がわからない。

成長し学校や社会に出ても、他者とのコミュニケーションに苦労することもある。

また、世間で言われている負の連鎖のように自分が家庭を持った時、悪意は無くても無意識に育児放棄をしてしまう可能性もある。

後に詳しく触れるが、冨永愛も多忙により育児がおろそかになり、子供から「ぼく、生まれてこなきゃ、よかった」と言われた過去がある。

これは仕事が多忙なためであり、これを機に休業し子育てに専念しているが、ネグレクトされたことが影響しているかもしれない。

 

高身長ゆえに小学校から高校までイジメられ地獄の毎日を過ごす!自○未遂を図ったことも

小学生のころから壮絶なイジメを経験している冨永愛。

「学校は毎日、地獄のようだった」

不良男子には毎日のように肩口を小突かれ、なじられた。

「あ…怖ぇ…にらんでんじゃねぇよ! この巨人女が!」
「モデルよりかプロレス行ったほうが有名になれるよって!! ジャイアン冨永!」

引用:https://www.excite.co.jp/

子供の頃から背が高かった冨永愛は中学2年生の時に既に175cmの身長があった。

そのため、中学時代のあだ名が宇宙人。

モデルとしては圧倒的に有利なこの特長は、冨永愛にとってはコンプレックスになった。

だから身長が伸びないように14歳からタバコを吸い始めた。

靴の中に画鋲を入れられたこともあったとのこと。

母親にも甘えられず、学校でも辛いイジメにあっていた彼女はついに中学生の時に自○未遂を図る。

裸でバスタブに入り、手首を切ろうとするのだが、死への恐怖から思いとどまる。

と同時に、冨永愛は「みんな、みんな、ぶっ殺○てやる!」と決意した。

自叙伝では、裸の男たちに縛り上げられるという、レ○プを連想させるような悪夢を回想するシーンがある。

冨永愛の精神はもはや崩壊寸前だった。

そんなイジメは高校生になってもやむことはなかった。

「うすらデカい女も生理あるべ?(笑) 一発やらせろや! この巨人女!
「あそこもでけえべ! なら二、三本ぶちこんでやるべぇ(笑)」

引用: https://www.el-aura.com/

同性からの虐めにもあった。

そんな冨永愛を見て、姉が「プチセブン」の専属モデルに応募し見事に合格。

後に世界的なモデルとして活躍する富永愛だが、そのきっかけを作ってくれたのは姉ということになる。

しかしモデルとして働いたことで、周りからモデル事務所の社長と寝ているといった噂まで流されてしまう。

ちなみに中学生の時の自○未遂だが、これはネグレクトされる子供によくみられる特徴の1つ。

ネグレクトされた子供は、親にコミュニケーションをとることを拒否され続ける事で次第に自分は必要とされていない、自分には価値がないと思い込む。

そして、価値の無い自分を傷つけることに躊躇しなくなる。

攻撃性が外部に向く事もあるが、富永愛のように自分を傷つけてしまう子どももいる。

また富永愛は高校時代、学校をしょっちゅうサボったり、夜遊びするなどかなり荒れた生活をしているが、これもネグレクトされた子供の特徴の1つにあたる。

ネグレクトされている子供は、自宅で過ごさずに外に居ることが多いと言われている。

他の子供が帰宅しても一人で遊んでいることが多く、コンビニ前で座り込んでいたりして自宅に帰りたがらない。

普通の親であれば、防犯上の理由もあり、帰宅時間について日頃から子供に注意をするが、ネグレクトしている親は子供に関心がないため、帰宅時間を気に掛ける人はいない。

また、家に居れば暴力を振るわれたりするケースもあるので帰宅するのを躊躇する。


Ai 愛なんて 大っ嫌い【電子書籍】[ 冨永愛 ]

 

自分を見下した人間、そして母親への”復讐”と”怒り”。そして貧しさから逃れたいとの一念からモデルとして世界に復讐の旅へ→17歳で「VOGUE」に写真が掲載

出典:https://girlschannel.net/

「殺してやる。絶対ぶっ殺○てやる。」

凄まじい復讐心と怒りを胸に一念発起し、モデルの世界へと足を踏み入れた冨永愛。

みんなを見返してやるという気持ち一つで、単身ニューヨークへ飛び立ち、ニューヨークコレクションで13のショーの出演が決まる。

17歳のときに海外のファッション関係の目に留まったとても有名な写真がある。

出典:https://www.atpress.ne.jp/

制服姿でルーズソックスの冨永愛。この写真をきっかけに、彼女は世界を駆け巡ることになる。

その後の彼女は勢いが止まることを知らず、三大コレクションにアジア人として唯一出演した。

世界の一流ブランドのモデルを務めることとなる。

出典:https://cherry0704.com/

一気にスターダムに上り詰めたように見える富永愛だが、苦労も味わっており、既製品が合わず仕事に呼ばれない日々を過ごすこともあったそう。

また、コレクションモデルとして活躍するようになってからも「アジア人だから」といった差別も経験している。

しかし、そんな差別にも一切屈することはなくモデルとして活躍し続ける富永愛。

当時の私のモチベーションは、「勝っていくこと」。海外でモデルの仕事を始めると、私と同じような体型の人が多くいて、そこでアジア人が勝負してどう認められるのかを試したかったんです。アジア人だからという理由で、勝負にならなかったり、あからさまに避けられたりすることも多く、そういう悔しさをモチベーションに、楽しんでいたのだと思います。

引用: https://forbesjapan.com/

モデルとしてだけでなく、日本の芸能界でも注目を浴びるようになった。

そして、彼女は22歳の時に「普通の家庭で育った男性」と恋に落ち、子供を授かる。その4年後に離婚してしまうが、子供の存在が彼女にとって人生のとても大きなもう一つの転機となったのだ。

憎しみに明け暮れていた10代後半。母親、自分をイジメてきた者たちへの復讐心なくなっていたのだ。

子供に対する愛によって、富永愛の心は浄化されていった。

 

冨永愛の生い立ちは子育てにも影響!多忙で子供を構えなかった際に息子から驚異的な一言を発せれる!→親からネグレクトされた自身の生い立ちと重なり3年休業し子育てに専念

出典:https://anohito-genzai.com/

富永愛は23歳のときに息子を出産している。なんと半年後にはランウェイに復帰を果たすのだ。

子供の面倒をみながら、世界中を飛び回るモデル業に加え、日本でのテレビ出演の機会も増えていき、記憶が飛ぶほどの多忙を極めた。

離婚後にはシングルマザーとして息子を育てなくてはという想いから仕事にまい進した冨永愛。しかし、そんなとき息子から衝撃な一言が飛び出る。

「ぼく、生まれてこなきゃよかった。」

親子で過ごす時間が極端に減っていた富永親子。息子の心が壊れてしまう寸前だったのだ。

出典:https://thetv.jp/

息子のこの一言をきっかけに冨永愛は休業を決意する。二人で旅行に行ったり、小学校のPTAを務めたりもした。

富永愛が休業を決断したのは、自身が母親にネグレクトされた過去が関係しているのかもしれない。

上でも説明したが、ネグレクトされた子供は無意識に育児放棄をしてしまう可能性がある。

そもそも育児放棄は「積極的育児放棄」と「消極的育児放棄」の2種類がある。

「積極的育児放棄」は自分が意図的に育児放棄をしている状況。

子供が言うことを聞かないから育児へのモチベーションがなくなったり、あるいは思うようにいかないので育児が面倒になったりすのが例にあたる。

対して「消極的育児放棄」は育児そのものは行いたいと思っているものの、自分自身に起因することで思うように育児ができず、結果的に育児放棄となってしまっている状態。

本当はしっかりと育児をしたいと思っているものの、経済的な理由から子供にお金をかけられなかったり、冨永愛のように仕事が多忙で結果的に育児放棄になってしまうパターン。

富永愛はおそらく自身が母親にネグレクトされた影響から、無意識に「消極的育児放棄」を行っていた可能性がある。

少し考えればわかるが、自身が親から相手にされていないので、子供に対してどのように接すればいいかわからない。

また子供の気持ちもわからない。

本来、親との関わりで気持ちを理解したり、相手が何を感じているのか、どう思うのかを知るのだが、そういった経験もないためだ。

ただ冨永愛は息子の発言から自身が「消極的育児放棄」をしていることに気付いた。

おそらくこのままでは、自身が幼い頃に経験したことや気持ちを息子にも味わわせてしまう。

そしてそれは避けなければならない。そう思い休業したのだろう。

そして子供が分別がつく年頃、中学生になった時に3年間の休業から仕事へ復帰し再びモデルの世界へ戻った。

休業したおかげで現在も息子とは仲が良さそうだ。

 

管理人の小言

 

この投稿をInstagramで見る

 

パリの冬は街がグレーベージュに染まる #aitominaga #冨永愛 #victoriabeckham

冨永愛(@ai_tominaga_official)がシェアした投稿 –

冨永愛の生い立ちをみたが、とても壮絶だった。

17歳でモデル活動し、翌年の18歳にはパリコレ。

順風満帆に見えるけど、そうではなかったね。

実際、冨永愛もこのように語っている。

周りからはトントン拍子でトップモデルになったと思われることが多いですが、実際には超えられない壁があって、悔しいことだらけでした。この歳になった今でも、トップモデルの地位を築いたなんて思ってはいません。

引用: https://forbesjapan.com/

富永愛はモデルとして成功できたのは承認欲求が強いからだと思う。

ネグレクトされた子供が大人になった時の特徴として、承認欲求が強いというものがある。

この承認欲求とは、人から認められたい欲求のことであり、程度の差はあるが、誰しも持っているものだ。

承認欲求が強い原因は、「所属欲求」が満たされていないからと言われている。

この所属欲求とは、集団に属して生活したいという欲求のことだ。

普通に幼少期を過ごせば、家族や仲間などといった集団の中で生活し自然と自分に自信を持つことが出来る。

ネグレクトされた子供は育っていく中で親に無視されたり、放置されたりといった育児放棄をされ、健全な家庭環境で成長していく事が出来まない。

また、子供が生まれてから最初に属すコミュニティである家族というものが存在しない。

当然、この所属欲求は満たされずに成長していく。

故に、ネグレクト経験者は、満たされていない所属欲求を埋めるために大人になると承認欲求が強くなるという特徴がある。

まさしく冨永愛。

「承認される場=光」を求めるのは、「承認されてこなかった場=闇」を経験したもの。

そして闇が深ければ深いほどより多くの「光=承認」を集める。

芸能人はまさしくそう。

光が輝く場を求めるのは、それだけ深い闇を経験しているからなんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.