渡辺謙の若い頃の画像が渋すぎ!溢れ出る色気とフェロモンがやばい!

Pocket

ハリウッド映画にも出演経験があり、今や世界的な俳優といっても過言ではない、渡辺謙。

女性関係が派手で知られる渡辺謙だが、実は若いころはかなりのイケメンだったのだ。

今回は渡辺謙の若い頃についてみていく。

渡辺謙の若い頃の画像が渋すぎ!溢れ出る色気とフェロモンがやばい!

出典:https://www.pasonica.com/

世界で活躍する渡辺謙だが、教師をしていた両親の元、新潟県で生まれる。

当時渡辺謙は、意外にも音大を目指していたが、中学生の時に父親が病で倒れてしまう。

そのため、学費などの関係で音大を諦め、その後演劇集団の公演に感激し、演劇の世界へと飛び込む。

そして、すぐにその才能は開花し、なんと研修生になったばかりの渡辺謙に主演の話が舞い込む。

そしてその4年後には「未知なる反乱」でテレビデビューも果たした。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1983年には、あの超有名ドラマ『太陽にほえろ』に出演。今のおじさん世代で知らない人はいないのではないだろうか?

石原裕次郎や、松田優作など超有名俳優が多数出演している。渡辺謙は、第574話の「冒険の海」で清水ユウジ役で出演している。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1984年には、『瀬戸内少年野球団』という作品で、映画デビューを果たす。

この映画では、主演の夏目雅子と共演しており、夏目雅子の義理の弟役で出演している。

出典:https://bokuwatageinou.com/

そして、この映画にはもう今現在は芸能界を引退した、お笑い芸人の島田紳助も出演している。

出典:https://bokuwatageinou.com/

 

1984年に、女子高のバレー部のコーチ役で『転校少女Y』に出演。

同年には『山河燃ゆ』の楠田武役で大河初出演を果たす。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1985年映画『タンポポ』に出演。こちらはラーメン屋を立て直すコメディ映画で、共演者には宮本信子、山崎努などがいる。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1985年公開の映画『結婚案内ミステリー』では主演を務めている。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1986年に公開された『海と毒薬』。戦争末期の若い医師の葛藤を描いたもので、遠藤周作の小説を元にしている。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1986年に放送されたNHK連続テレビ小説『はね駒』では、主演の斉藤由貴の夫役で出演。

出典:https://bokuwatageinou.com/

渡辺謙の代表作の一つとされている『独眼竜政宗』では、主演の伊達政宗を演じている。こちらは1987年に放送されており、当時「梵天丸もかくありたい」という言葉が流行語にまでなったそう。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1989年に放送された時代劇スペシャルドラマ『織田信長』で信長役を演じ、名取裕子や真田広之、かたせ梨乃など名俳優と共演している。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1990年に放送された時代劇シリーズ『仕掛け人 藤枝梅安シリーズ』に出演。江戸時代の暗殺者であり、鍼医者である藤枝梅安を演じている。

ハゲてもかっこいいな。

1989年1月から放送された『あなたが欲しい I WANT YOU 」では主演。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1991年映画『幕末純情伝』では坂本龍馬訳で出演。沖田総司が女だった設定で幕末を描くちょっと変わった話。

この映画は、渡辺謙が闘病復帰後の第一作としても有名だ。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1992年NHKで公開されたお正月のスペシャルドラマ『巌流島』。佐々木小次郎を渡辺謙が演じている。

1992年の火曜サスペンス劇場「わが町」シリーズでは主演。

出典:https://bokuwatageinou.com/

1992年に放送されていた『君たちがいて僕がいる』では、主演で藤原千十郎という腕利きの実演販売人を演じている。

1992年に放送されていた居酒屋兆治』は直木賞作家・山口瞳の作品がTV化したもの。

https://bokuwatageinou.com/

1993年にNHKで放送された『炎立つ』では、主役・藤原経清(ふじわらのつねきよ)を演じている。

https://bokuwatageinou.com/

今の30,40代の人達は懐かしく思うのではないだろうか?2000年に放送された『池袋ウエストゲートパーク』でも、池袋署の署長役として出演している。共演者は、窪塚洋介、佐藤隆太、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二など。

https://bokuwatageinou.com/

そして、渡辺謙の名前を世界に知らしめるきっかけとなった映画『ラストサムライ』。当時かなり話題になった作品だ。ハリウッドスターのトムクルーズと、対等で話していたのが印象的だった。

 

渡辺謙の若い頃の画像は○○に似てる

出典:https://www.pasonica.com/

渡辺謙の若い頃は誰に似ているのだろうか?

上の画像を使ってAIで調べてみた。

1位ダルビッシュ有

実際にているという声もある。

2位草なぎ剛

 

この投稿をInstagramで見る

 

📣草なぎ剛 テレビ出演へ意欲「声をかけていただけるなら…」 — 叫び、泣き、笑い、憎悪し、倒し、あの手この手で人を騙して……。激しい感情表現が要求される難役に草なぎ剛(45)が挑む。 新作舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』(1月11日~2月2日、KAAT神奈川芸術劇場にて上演)は、ヒトラーが独裁者として上り詰める過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描く。ファンクミュージックをちりばめた斬新な演出の意欲作だ。 草なぎが演じるのはギャングのボス“ウイ”。「(演出の)白井晃さんとディスカッションしながら、汗を垂らしながら、楽しみながら稽古しています」という草なぎを、’19年12月中旬の某日、稽古場を訪ねた。 📷️ by 秋倉康介 — ▶️続きは @joseijisin のリンクで【WEB女性自身】へ ▶️ストーリーズで、スクープダイジェスト公開中☆ — #草なぎ剛 #草彅剛 #舞台 #アルトゥロウイの興隆 #KAAT神奈川芸術劇場 #稽古場 #新しい地図 #ななにー #なぎスケ #女性自身 #いいね #フォロー

女性自身(毎日22時⌚️更新)(@joseijisin)がシェアした投稿 –

3位山本耕史

 

この投稿をInstagramで見る

 

じゃーん!!! この方のお陰で、今の僕がいます! そう、山本耕史!!(さん) 今日無事に『アナスタシア』千秋楽を終えました! 毎回稽古で的確なアドバイスをくれて、僕の癖もわかっていて、本当に頼りになる先輩!! かっこよくて、器用で、頭の回転早くて、芝居うまくて、歌もうまい、そして、ものまねうまい! そして、奥さん可愛い。 笑笑 もう何年も前からご一緒させていただきプライベートでも仲良くして頂いて、まさか一緒の役が出来るなんて夢にも思ってなかったです! 本日9日の初日ぶりのグレブ役! 本番前に、メールを頂き、本番後もおつってメールくれて!笑 愛されてるなって思いました笑 モーツァルトの初日以来の緊張がきて、まじでヤバかったですが、助けられました、、。 今の状況だと大阪公演も怪しそうな気配がしますよね、、、。 今日が最後だと思ってグレブやりました。 もちろんコロナが落ち着いて大阪でも公演ができることがベストですが。 ひとまず、ここまで公演出来たこと嬉しく思います。 上演してることに対して批判する方もいると思います! その方達には申し訳ありません。 ただ今日観劇してくださった皆様、応援してくださった皆様、少しでも笑顔に、そして、心が満たされてくれたなら嬉しく思います。 まずはコロナ感染防止対策! それは百も承知です! これからも充分に気をつけて、対策を練って、取り組んで行きたいと思います! 本当にありがとうございました。 #アナスタシア #千秋楽 #山本耕史 #グレブ #ニコライ2世

遠山裕介(@tohyamayusuke)がシェアした投稿 –

草なぎ剛と山本耕史はそんなにだな。

 

ネットで言われている似ている人について

出典: https://www.timeout.jp/

ちょっと強面な感じが似てるかも。

目の感じが似てるかも。

これ左上のそっくり。

出典: https://eurosim2007.org/

横顔にてるね。

ゲームのキャラっぽいけど、渋い感じが渡辺謙そっくりだね。

なんか同系統の顔だよねw

同系統の濃い顔だね。

また、ヤフー知恵袋では若いころの渡辺謙が、ジャニーズの長瀬智也に似ているとの声も。

個人的には次の2人が似てると思った。

まずは俳優の本宮泰風。

次にラッパーの般若。

はっきりした顔立ちなので、遠くにいても目立ちそうだ。

 

渡辺謙は若い頃、「急性骨髄性白血病」

出典:https://www.sankei.com/

デビューしてからというもの、大河といえば渡辺謙と言われるくらいの大活躍ぶりだったが、そんな彼に過酷な試練が訪れる。

それが「急性骨髄性白血病」という病だった。

この病気は、血液の中の造血細胞に腫瘍ができてしまい正常な血液が作れなくなってしまうという重い病気だ

年間約8千人もの人々がこの病で命を落としている。

当時『天と地』という大作映画に主演俳優として大抜擢されていた渡辺謙。

順調に撮影に臨んでいる最中での発病だった。その後、無念の途中降板。

何度も再発しては病気の治療を繰り返したが、渡辺謙の俳優としての執念は凄まじく、何と難病を見事克服し、復帰を果たす。

ちなみに発病した際には「せっかく大きな映画を作ろうと約束していたのに。」「せっかく期待されていたのに大役を果たせることができなかった。」といったように自らの病よりも映画のことを心配したそう。

これが世界で活躍する俳優、渡辺謙なのだ。

 

管理人の小言

 

この投稿をInstagramで見る

 

僕自身は、東日本大震災が起きたとき、ロサンゼルスから成田に向かう飛行機の中にいました。ですから震災そのものは直接体験していないんです。しかし被災地を回ったり、いろんな惨状を目の当たりにしたとき、感じるものがすごくありました。ですから、今回、やっと本業で、震災についてプレゼンテーションできる作品にめぐりあえたという気がしてならないですね。いままで個人のレベルで被災地にエールを送ってきましたが、俳優として、こういう作品と出合えたのは大きな節目になったと思います。皆さま、Fukushima 50ご覧いただけたでしょうか。 – – – #フクシマフィフティ #fukushima50 #kenwatanabe #渡辺謙

Watanabe Ken [渡辺謙](@watanabe_ken_)がシェアした投稿 –

渡辺謙の若い頃を調べて見て、初めて「白血病」を患っていたことを知った。

しかも1度ならずなんども。治療しては再発の繰り返しをしていた。

想像できない恐怖に見舞われていたであろうが、「絶対生き抜く!!」という強い信念で見事克服したのもすごいが、何よりすごいと思ったのは責任感だ。

映画を途中降板したことに対し、「せっかく大きな映画を作ろうと約束していたのに。」「せっかく期待されていたのに大役を果たせることができなかった。」と自分より映画のことを心配。

こんなこと普通できない。

さすが世界の渡辺謙と言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.